トランプ氏夫人のスピーチとオバマ夫人のスピーチ原文抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トランプ氏の夫人、メラニア・トランプが
共和党全国大会で行った演説。

そのスピーチで盗用疑惑が有り
原稿の執筆者が認めたという経緯。
では実際にスピーチの原文をみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■メラニア・トランプの演説とオバマ夫人の演説

まずはメラニア・トランプの演説の原文を見てみましょう。
こちらは2016年7月18日

“From a young age, my parents impressed
on me the values that you work hard
for what you want in life;
that your word is your bond and you do what you
say and keep your promise;
that you treat people with respect
,”

では2008年のオバマ夫人の
スピーチの原文をみてみましょう。

You work hard for what you want in life;
that your word is your bond and you
do what you say you’re going to do;
that you treat people with dignity and respect
,
even if you don’t know them, and
even if you don’t agree with them.”

多少前後が違うものの太字の部分はほぼ一緒で
おおまかな意味は下記の通り。

人生で望むものを手に入れるため一所懸命に働こう。
自分の言葉は自分に跳ね返る。
やると言ったことはやり遂げよう。
相手に敬意を持って接しよう。

メラニア・トランプのスピーチでは上記に加え
両親がそれを教えてくれたということが追加されています。

オバマ夫人のスピーチでは
たとえ知らない人でも、意見が対立する人でも
相手に敬意を持とうという感じになってます。
 

【スポンサーリンク】

 

■スピーチ盗用の裏側

スピーチの原稿を書いたのは
スピーチライターのメレディス・マクアイバー。

トランプ氏の家族と親密な関係で、
2001年9月から働いているそう。
そして元ダンサーという経歴をもっています。

さすがにわかりやすい盗用をして
トランプ氏を貶めようとしたというわけではなさそう

メラニア・トランプが
オバマ夫人を好きな人物としてあげており
オバマ夫人のスピーチの抜粋をあげていて
スピーチライターがそれを最終稿にいれてしまったという経緯。

メラニア・トランプとメレディス・マクアイバーの打ち合わせで。
オバマ夫人の演説の一部だと説明していなく
メラニアトランプ自身の言葉だと
スピーチライターが勘違いしてしまったということですね。

■おわりに

しかし単語をほぼそのままというのもなぁ。
個人的には無理やり自分の言葉としてスピーチするよりも
オバマ夫人も言うように、などと付け足して

引用する形でスピーチしてその後に
私も同じことを幼いころから両親に教わりました、のような形だったら
良かったと思うんですよね。

後は原稿をメラニアトランプは
確認しなかったのか、というのが疑問。

さすがに自分が好きな
オバマ夫人のスピーチの抜粋が入っていたら
わかると思うんですよねえ。

そう考えると話題集めのためにわざとやったというのも
トランプ氏の性質を考えると少しだけ可能性はありますが…。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA