吉川市の校医辞任の理由は市長の中原恵人への抗議のためという疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

埼玉県吉川市で校医16人のうち10人が
2016年3月に一身上の都合で辞任という
出来事が起こっていたことがわかりました

年度末に突然校医が大量に辞任ということは
何か理由があるはず…。

今回は吉川市の校医大量辞任の
理由について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■吉川市の校医の大量辞任は市長の中原恵人への抗議か

そしてここで一つの疑惑が
浮かび上がってきます。

吉川市の校医の大量辞任は
市長・中原恵人への抗議のためではないかということ。

しかし現在は残った校医6人で回しているため
市民に影響は出ていません。

■校医の辞任が何故市長・中原恵人への抗議に繋がるのか

それでは何故校医の辞任が
抗議に繋がるのか。

それは市長と吉川市の
吉川松伏医師会との確執

原因があるものと思われます。
 

【スポンサーリンク】

 

■市長と吉川市の吉川松伏医師会との確執

市長の中原恵人の嫁は埼玉県吉川市に
唯一ある産婦人科の大久保クリニックの院長の娘で副院長。

実はクリニックの院長である大久保義典が
中原恵人が県会議員に立候補する際に
所属する医師会に支援を要請しました。

しかし医師会が、医者として活動をしていない人間で
よく知らない人間を支援はできず現職を応援しました。

ところが中原恵人が県会議員に当然。
そのことで大久保義典は医師会に謝罪を求め
その上さらに医師会の運営方針に口をだすようになりました。

しかし医師会がその口出しに応じなかったため
第二の医師会を作ろうとしました。

その結果、大久保義典は
吉川松伏医師会から3/4以上の
医師会メンバーから同意され除名されました。
そして除名は違法だと裁判所に訴えたものの一審で全面棄却。

上記の出来事が今回の吉川市の校医の大量辞任に
つながっていると考えるのは想像に難くない。

こうみると、どちらかというと
市長の中原恵人というよりは
その後ろ盾のクリニックの院長である大久保義典と
吉川松伏医師会との対立が原因
というところですね。

■おわりに

詳しい原因が報道されていないため
確定とはいきませんが本当に一身上の都合だけで
時期を合わせて校医が大量に辞任するわけがないんですよね。

なので医師会側としては吉川市で何が起こっているかを
広めるために時期を合わせて辞任し、問題を広めようと
思ったのかもしれません。

しかし校医の大量辞任で困るのは市長もそうですが
市民はもっと困るんですよね。
仮に市長への抗議で校医が大量辞任したとしても
他に方法はなかったんでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. mac win より:

    残念ながら市民が変な市長を選んだんだからしょうがないですね。東京都民もそんな感じになってますね、、、

コメントを残す

*

CAPTCHA