温泉マークは湯気三本のまま存続!今後も使用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本に住んでいる人にはおなじみの温泉マーク
一度は外国人観光客にわかりやすいように、として
見直される動きがありました。

しかし反対の声が多く上がり
今後もおなじみの温泉マークは使えるように。
今回は温泉マークの騒動の経緯と
海外ではどのようになっているかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■温泉マーク騒動について

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%b4%a0%e6%9d%90

ことの発端は2016年7月。
温泉マークが国際標準化機構の記号と異なり

外国人観光客には料理店のように勘違いされるとして
見直す検討をしていました。
変更後の国際規格の温泉マークはこちら。
onsen-iso

今までのおなじみの温泉マークは
日本工業規格(JIS)のもので、日本独自のマーク。

日本独自のマークであるため、
2020年の東京オリンピックに向けて
温泉マークをISOに合わせようとしました。

しかしおんせん県を掲げる大分県の
観光業界などをはじめ多くの人が
慣れ親しんだものを変える必要はないとして
存続を求める声が相次ぎました。

2016年12月6日には経済産業省で
会合が開かれ、温泉マークの変更は見送られました。

■温泉マークを変更したかった理由

温泉マークを経済産業省は何故変更したかったのか。
これはオリンピックに向けて外国人にも
一目でわかるようなマークに変えようという狙いがあり

その観点で見ると従来の温泉マークは
外国人にはわかりづらかった、
という結果が出たためとされています。

2015年3月に外国人を対象に行なったアンケートでは
結果はわかりやすい69% わかりにくい31%。
わかりにくいと回答した人のコメントは主に以下の通り。

温かい飲み物に見える。
レストランのよう。
温泉記号の中に人がいるべき。
日本文化の知識がない人にはわからない。
ラーメンのよう。

こうみると7割弱の人はわかっているようですし
日本工業規格の温泉マークを変える必要は
あるのだろうかとも思ってしまいます。

また、上記のアンケート結果を受けて
2015年3月20日に行われた
第4回外国人にわかりやすい地図表現検討会の議事要旨では
温泉の記号については以下のように書かれています。

「温泉」の記号は、外国人にとっては
湯船=四角のイメージがあるが、
既に日本で浸透している記号なので、
あえて変える必要はない。
現地の看板などでもこの記号が多用されている。

このときは温泉マークについては
変える必要はないとされていたんですよねえ…。
温泉マークを変更すべきという意見に傾いたのは

やはり2016年のオリンピックが
近づいた時期だったため、
2020年の東京オリンピックを強く意識したからでしょうね。
 

【スポンサーリンク】

 

■海外の温泉マーク

少し気になるのが海外の温泉マーク。
温泉は別に日本にだけ存在するものではありません。

2007年にTVチャンピオン・スパ女王となった
温泉好きの春山ゆかりさんが実際に現地に赴いて
海外では温泉マークがどのようなものになっているかを
語っていたのでみてみましょう。

韓国:日本と基本的に同じ。
しかしサウナのような場所など
あやしい旅館にもついているので
何の施設か見極めることが必要。

台湾:基本的には同じ。
中国風にアレンジされていて
湯気の本数が多かったりするのも多い。

タイ:統一された温泉マークはない。
滝や池、観光ポイントと同じマーク。
川のマークや噴水型が多い。

ベトナム・カンボジア:温泉マークが無い。
インドネシア:水滴型の温泉マーク。

イタリア:温泉だけのマークはない。
泉のような、噴水マークが多い。
浴場はプールと同じマークが多い。

ドイツ:温泉大国ではあるが
地図でもプール扱い。

スロバキア:噴水マークが多い。

アメリカ:アメリカにも温泉だけを示すマークなし。
露天風呂=池。商業施設=ホテルやプールと同じマーク。

カナダ:基本的にプール風。
プール+湯気で表現するところも。

こうみるとそもそも温泉マークが独立して
存在している国自体があまり無いということに。

韓国は日韓併合時代に温泉マークが渡っていき
台湾も日本統治時代があるため
そういう時代背景があるので
温泉マークが存在するわけです。

そう考えると温泉だけを表す
温泉マークという概念がない外国人観光客にとっては
わかりづらい、と答えるしか無いですね。

それでも70%近くの人がわかりやすいと答えたなら
十分わかりやすいと言えそうな気がします。

別のアンケートでは、
国際規格の方がわかりやすいという外国人は
71%のようですけれど、記号が複雑であり
情報量が多いため当然と言えるかもしれません。

■おわりに

世界各国で温泉マークが広く使われているのなら
それに近寄せるなどをしても良いと思います。

しかし温泉マークが単体で存在している国自体が
そう多くはないようでして。

このマークは温泉を示します、
という風に観光客向けには絶対に表記しますし
そういった表記をする場合

従来の温泉マークと新しい温泉マークでも
理解度は変わらず、むしろ今までの方が
シンプルなため記号としては良いような気がします。
記号で複雑すぎると本末転倒です。

ある程度は標準化をするべきですが
全て標準化したらどこに行っても景色は似たり寄ったりになり
それこそ旅行の意味もなくなってしまいますし。

そういった意味で旧来の温泉マークは
極端にわかりづらいというわけではないため
従来通りで良いと個人的には思います。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA