大橋巨泉のがんの現在までの病状がすさまじい。遺言で安倍首相に一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がんで闘病していた大橋巨泉
今回は大橋巨泉の現在までのがんの闘病遍歴と
『遺言』で安倍首相にどう言ったかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大橋巨泉の現在までのがんなどとの闘病遍歴

まずは大雑把に見てみましょう。

2005年5月:胃がん
2013年11月:中咽頭がん
2014年11月:縦隔のリンパ節に腫瘍
2015年5月:肺がん
2015年10月:縦隔のリンパ節に2か所腫瘍
2015年11月:腸梗塞の疑い
2016年4月:緊急入院

こう見ると大きな病気をかなりしています。

■大橋巨泉の遺言とは。

こちらは正式な遺言状ではありません。
大橋巨泉が長年続けてきた
週刊現代の連載コラムのタイトルが
「今週の遺言」なんです。

■大橋巨泉の「今週の遺言」の中身

大橋巨泉の「今週の遺言」の最終回は7月9日号。
体力の限界を感じたため
一旦休載していましたが
一度だけ復帰し、そして最終回としたようです。

その中で安倍首相に対する「遺言」があります。
その中身は以下のとおり

安倍晋三の野望は恐ろしい
選挙民を舐めている安倍晋三に一泡吹かせてください。

ちなみにこの遺言はニュースなどでは
特に取り上げられませんでした。
ネットニュースでは取り上げられてましたけども。
それは公職選挙法的の問題ででしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

■徹子の部屋での共演

黒柳徹子の2016年2月4日放送の徹子の部屋。
このときのメンバー全員が高齢で
一部では奇跡の放送回だったと言われています。

このように、出演したのが
永六輔、大橋巨泉。黒柳徹子と全員同級生。

しかしこう見ると
永六輔はパーキンソン病
大橋巨泉はたびかさなるがん闘病
黒柳徹子は大きな病気は特に無し

もしかしたらうまく隠しているのかもしれませんが…。
黒柳徹子は大橋巨泉や永六輔と比べると本当に健康ですね。

■おわりに

大橋巨泉は1990年にほぼすべての番組を
降板するときにセミリタイアという言葉を使いました。

その後は政界に進出するなど、
芸能界には縁遠くなったものの
精力的に活動していたんですよね。

しかし同年代の黒柳徹子は
健康面で本当に大丈夫なんだろうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA