【文春】乙武洋匡の妻、仁美さんが大暴露!事務所は不倫の温床

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

週刊新潮が乙武洋匡の不倫をスクープし
それに続いて文春が仁美さんからコメントを引き出し
止めを刺す感じになりました。

乙武洋匡の不倫について
週刊文春が乙武仁美さんに取材をしたところ
新しいメッセージが届いたようです。
今回は衝撃的なその内容をちょっとだけみてみましょう。

■乙武洋匡と暮らすことは難しい

妻である私にも責任がある
この乙武仁美さんの文章は
乙武洋匡の不倫問題で大きな波紋を呼びましたね。

え、なんで乙武洋匡は五人(それ以上との噂も)と
不倫をしておいて、妻の仁美さんに責任があるのか、と。
その違和感から乙武洋匡に
書かされたものではないか、という推測が出て
必要以上に騒がれた感は否めません。

では何故責任の一端があるか?
乙武仁美さんはこうおっしゃっています。

乙武洋匡は一種一級障がい者。
自宅のドアを開けることも出来ないため
乙武洋匡との生活は決して楽ではなかった。

乙武洋匡は仁美さんと結婚の話になった時に
苦労を欠けることになるけど大丈夫?と聞いたそうです。
その時に仁美さんが返した言葉が以下のとおり。

私、犬を飼ったことがあるから大丈夫

天然か!
さすがにここは仁美さんの考えが甘かったと言わざるをえない。
でも犬って。変わった人と言わざるを得ない。

■乙武洋匡の肉食具合

乙武洋匡と暮らすことはそりゃもう大変です。
上記の通り乙武洋匡と一緒に暮らすことへの
身体的な面の見通しは確かに仁美さんが甘かった。

そして子どもも3人と沢山出来ました。
良心や乙武洋匡の母親に頼ることもせずに
子どもの世話をしたわけです。

そして夫の乙武洋匡は基本的な育児に関わることは
物理的に不可能なんですよね。
なので事実上4人を育てたようなもの。

そうするとやはり心身ともに疲れきってしまい
羽根を伸ばしたいと思うことがあっても
なんら不思議ではないんですよ。

そして乙武洋匡は性欲が人一倍スゴイ
これは仕方ない気がしますね…。
性欲が凄いというか自分では発散できないんですから。

なので学生の頃、積極的に乙武洋匡は
女性に声をかけていたそうです。
がkす英時代にはガールフレンドが複数いた、という話ですね。

それを知人がたしなめると、
そういった、自分では発散できない気持ちを

『そんな僕の気持ちが、あなたにわかりますか』

と涙ながらに訴えたこともあったとか。
これは…仕方ないですよね、乙武洋匡は悪く無いです。
男性はたまってしまうとほんと辛いですからね。

■乙武洋匡の事務所は不倫の場所だった!?

そして妻、仁美さんもさすがに
育児と家事で疲れた後に夫の世話などをするのは
体力が持たなかったそうです。

ここは素直に両親や乙武洋匡の母親に
助力を求めていればまだ違ったのかもしれません。

なので、子どもはあさが早いため
午後10時を過ぎたら、スタッフのいる
事務所に泊まってほしいと
妻の仁美さんが乙武洋匡にお願いをしていたとのこと。
これが責任の一端は私にもある、という発言に繋がるのかなぁ。

そしてその事務所に愛人、不倫相手を
連れ込んでいた
ということらしいですね。

■乙武洋匡のレストランGANZO事件の同伴女性も不倫相手

前々からそうではないか、と噂されていましたが
やはり銀座のレストランGANZO事件で同伴していた女性も
不倫相手の一人だったそうです。

彼女はカバン持ちも兼ねていて、ポーターと呼ばれており
家賃無しで事務所に住んでいたとのこと。

周囲の人にも普通に『僕の彼女です』
と紹介するほどなので
まさに囲っている、という表現がぴったりきます。

ここまで来ると仁美さんの耳に
入っていないというのは正直ありえないレベルですよね。

そういう不倫相手がいるのは薄々わかっていて
そのほうが自分にとっても負担は減るのであえて放置していた。
そういうところが責任の一端って表現につながったのかな。

■まとめと感想

■乙武洋匡と暮らすことへの認識の甘さが仁美さんにはあった
■性欲も予想以上に強く子どもの世話と両立ができなかった
■負担が減るため黙認していたら問題が大きくなった

仁美さんは色々と予想、というか
認識が甘かった部分があるのは否めない感じですね。

かといって、仁美さんが許したとしても
乙武洋匡のした行為は
教育者、為政者としてはやはり
不適切な行為であることは確かでしょう。

周囲も性欲が発散できないという事情を考慮して
その部分は腫れ物に触るように、というか
積極的に協力していた節がありますし
ある意味仕方ないっちゃ仕方ないですよね。

しかし一番印象に残ったのは
仁美さんの『私、犬を飼ったことがあるから大丈夫』という言葉。
犬って。冗談だったのか本気だったのかが謎。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA