桜井俊は定年で退官!?ではなく実は事務次官の任期自体が一年のため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

嵐の櫻井翔の父親としても知られる
桜井俊が総務事務次官を退任することが発表されました。

桜井俊が総務事次官となったのは2015年7月。
一年足らずで退任となりますね。
今回はそもそも事務次官とはなんぞやという事についてと、
その理由が定年なのか任期自体なのかについて見てみましょう


 

【スポンサーリンク】

 

■事務次官について

端的に言うと一般職では最高の地位。
大臣、副大臣、政務官という
選挙で選ばれた各省の上位三人を占める人を補佐する
官僚としては最高到達点です。

各省での四番目の地位で、上位三人を補佐する立場ですね。
ちなみに桜井俊は総務省の事務次官。
国家行政組織法での総務省は序列が一位です。

乱暴に言えば事務次官の中でもトップということになります。
つまり桜井俊は官僚の中でも最高位にいるということですね。
総務事務次官はおもったより凄い偉い地位です。
 

【スポンサーリンク】

 

■桜井俊の退任の理由について

そんな官僚として最高位の総務事務次官になったものの
就任は2015年7月31日。
そして退任が発表されたのが2016年6月3日。
任期が一年足らずということになりますね。

これはものすごく短いように見えます。
ですが、実は任期は慣例的にもともと事務次官の任期は1年から2年程度なんです。
慣例的ということで、任期は存在しませんが
慣例を大きく超えることのほうが稀なんです。

そして事務次官の定年は62歳。
桜井俊も62歳なので、事務次官の慣例的にも
定年だったとしても何らおかしいことはないんです。

官僚のトップの任期が1年程度というのが
ちょっと意外では有りますけど。

ちなみに、現在の一番長く務めている事務次官の就任日は
外務省事務次官の齋木昭隆の2013年6月28日です。
長いといっても3年という。

そう考えると桜井俊が一年で
総務事務次官を退任したのも
全くおかしくはないことなんですよね、意外ですが。

■おわりに

しかし官僚のトップである事務次官の任期が
1-2年っていうのはいいことなんだろうか。
長く居続けると何か利権とか絡んで
どろどろになりそうだなぁという気はしますけど

流石にもともとの任期が1-2年ですと
何か本格的にする前に任期が終わり
何もできないまま次に引き渡すことになりそうな…。

もともと事務次官になるまでは
かなり上り詰めないといけないので定年が近くなり
任期が短くなってしまうという面もあるのかもしれませんが
各省の4番目の地位の人がコロコロ変わるのはどうなんだろう。
ここのあたりのルールもきっちりと変えたほうが良い気はしますね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. tk より:

    あまりに無知な記事
    官僚の最高位は内閣官房の内閣官房副長官(事務担当)
    事務次官というのはあくまで各府省内でのトップということ

コメントを残す

*

CAPTCHA