桜島の噴火は地震の前兆と関係ある…というわけではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年5月1日、15:56に
鹿児島市の桜島で爆発的噴火が発生。

熊本地震が起きたばかりなので
今回の桜島の噴火は地震の前兆として
何か関係があるのでは…?と
思っている人も多いかと思います。

結論から言うと何も問題ありません
では今回の桜島の噴火は
何故地震の予兆と関係が無いのかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■桜島の噴火はいつものこと

まず桜島の噴火はいつものことです。
今回は噴煙の高さが4100メートルと

なかなか高いですが、鹿児島の15時から16時は
風速が2.7m~4.2mとあまり無かったんですね。
その結果噴煙が高くなっただけ、という。

2016年2月5日の噴火の際に噴火警戒レベルが
2から3になっていますが
噴火警戒レベルが導入された2007年から現在にいたるまで
ぶっちゃけほとんど噴火警戒レベルが3です。

2になる期間のほうが短いんですね。
なので周辺の人は2だろうと3だろうと
もともと桜島の周囲2kmには近づきません。
なので2だろうと3だろうと何も変わらないという。
 

【スポンサーリンク】

 

■桜島の噴火が地震の予兆でない理由

まず桜島の噴火は本当に日常的なものです。
もし桜島の噴火が地震の予兆として関係があるとしたら
日本は大地震が何回も起こっていなくてはなりません。

上記の画像をみていただければわかると思うのですが
もう毎年噴火してます。
逆に噴火してない年の方が怖いです。

今年はもう43回爆発的噴火をしているので
桜島の噴火が地震の予兆として関係など無く
単にいつでも桜島は噴火しているだけです。

■おわりに

いつものことなので鹿児島の人たちは
今回の桜島の噴火を地震の前兆だとか関係があるだとか
全く気にしていません。

なにせ鹿児島ユナイテッドFC対福島ユナイテッドFCの
試合が今日あったのですが

鹿児島ユナイテッドFCが勝利のゴールを
入れたのとほぼ同時刻に桜島が噴火
桜島の祝砲だ!という声が普通に上がるほど
鹿児島の人にとっては日常。

今回の噴火も熊本地震がなければ
ニュースにすらならなかったのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA