清水健が激やせして退社…現在は堺市長選に大阪維新の会が擁立し出馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

読売テレビを退社した元アナウンサーの清水健
嫁を乳がんによりなくしたために
がん患者や家族への支援、講演活動を精力的に行いますが

多忙すぎて激ヤセをしてしまっています。
そうして心も体も限界であるとして
読売テレビを退社していました。

そんな清水健が今回は政界に転身する可能性も…?
堺市長選に大阪維新の会が
擁立をする方針を固めているとのことです。

今回はそんな清水健の退社した理由や
激ヤセの理由などについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■清水健について

名前:清水健(しみず けん)
生年月日:1976年4月19日
出身:大阪府堺市南区

清水健は大額を卒業後の2001年に
読売テレビへアナウンサーとしてと入社。
バラエティ番組やスポーツ中継の担当していました。

そして2009年3月からはローカルワイド番組の
「かんさい情報ネットten!」の
情報担当キャスターを担当。
2011年9月からはニュース担当兼
メインキャスターとして活動をしていました。

しかし2016年12月には読売テレビに退社の意志を示し
2017年1月27日に「ten.」を降板し
2017年1月31日に読売テレビを退社しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■清水健が激ヤセして退社した理由

清水健は「ten.」にスタイリストとして
関わっていた嫁と2013年5月19日に結婚。

2014年10月に子供も生まれていますが
しかし嫁は乳がんを患っており、
2015年2月11日になくなってしまいます。

嫁を乳がんでなくしたために
清水健は仕事をして子供を育てながらも
がん患者や家族への支援活動、
そして講演会を積極的に行っています。

特に2016年10月からは
平日は帯番組、土日は講演会と多忙を極めており
2016年12月には激やせし、
20キロ近く体重が落ちています。

清水健はさすがに心も体も限界で
子どもの前で笑うことができなくなったために
子供との時間を大切にしたいということもあり
読売テレビを退社することを決めました。
 

【スポンサーリンク】

 

■清水健は堺市長選に…

清水健は「ten.」のキャスターとして
日本維新の会の関係者と取材を通じて接点があり
2013年にも正式に堺市長選に
出馬を要請していたことが判明しています。

このときは2013年7月19日に
出馬要請を受けたものの出馬はしないと明言。

2013年8月5日にも出馬要請を受けたものの
正式に断ったと再度出馬を否定しています。

このような経緯があり
2016年12月に清水健が読売テレビを退社するときにも
政界転身について清水健は
はっきりと否定をしているため
今回も清水健は否定をしそうな気がします。

■おわりに

清水健は現在清水健基金を立ち上げて
講演会にとても力を入れています。

過去に出馬を断ったことも考えると
政界転身をする暇はなさそうです。

これ以上多忙になって再度激ヤセしたり
子供と向き合う時間を少なくするかなぁ…と思います。

大阪維新の会にとっては
清水健が出てくれれば良いのでしょうけど
清水健にとってはあまりメリットがないような…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA