反田恭平の経歴がすごい!高校は名門で奨学金をもらっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本の音楽家の反田恭平
音楽家としては珍しく、小さい頃から
英才教育を受けていたわけではありません。

しかし経歴は本当に物凄いの一言。
高校でも奨学金をもらい通うぐらいです。

今回は反田恭平の経歴などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■反田恭平について

名前:反田恭平(そりた きょうへい)
生年月日:1994年9月1日
出身:北海道札幌市

反田恭平は4歳の頃にピアノに触れていました。
そうすると英才教育をしていたのでは、と
思われてしまいますが

小さいときにはサッカーをしていてピアノは
実は優先順位がかなり低かったという。

5,6歳の頃にはヤマハの音楽教室に通い
エレクトーンを弾いていたものの耳が良いということで
絶対音感を鍛える教室に行って好きなように弾く、
週一回30分のレッスンをしていました。

ただしそのうち20分間はなすびに似ている先生と
お話をしていただけだったという。

そのために中学生になり桐朋の音楽教室にはいって
本格的にピアノを弾くようになった時は
基礎ができていなさすぎると怒られてしまったことも。

中学三年生のときには
1年に5回以上コンクールを受けていたという。
 

【スポンサーリンク】

 

■反田恭平の高校以降

反田恭平は2010年に、桐朋学園大学音楽部門から
奨学金をもらい憧れの桐朋女子高等学校音楽科に入学します。
こちらの高校は音楽家だけは男女共学です。
名前に女子高とついてしまっていますが。

このときに基本と古典派の大事さを
教えてもらったことで第81回日本音楽コンクール第1位。
そして2013年にはロシアのモスクワ音楽院に
最高得点で首席入学という日本人では初の快挙を成し遂げます。

2015年9月には東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会に抜擢され
2016年1月にはモスクワの音楽院大ホールで

「モーツァルト260周年生誕記念コンサート」に
日本人代表として選ばれロシアの国営放送で放送されたりもしています。

■おわりに

反田恭平は自分のfacebookで
演奏動画を上げていたりしています。

最近はプロもSNSなどで
自らを発信する場も多くなり
すごい時代になったなぁと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA