鈴木隆道は都議会でヤジで暴言をしていた!?今回の集中審議では…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

舛添都知事に対する東京都議会の集中審議。
一問一答のトップバッターである自民党の鈴木隆道
実は過去に都議会で暴言ともとれるヤジを飛ばしていました。

今回はその鈴木隆道の都議会で行ったヤジと
今回の舛添都知事に対する集中審議での質問について
見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木隆道の都議会での過去のヤジ

鈴木隆道都議は2012年の予算特別委員会で
共産党の議員が、福島第一原発の事故の
土壌汚染についての質問をしている最中にヤジをとばしました。
そのヤジがこちら。

『放射能浴びた方がいい。正常になるんじゃないか』

このヤジは確かに暴言として捉えられますね…。
ちょっと質問の前後の流れがどうだったかで
印象は大きく変わるんでしょうけども。

この発言に対して、後に取材で
「ちょっと言い過ぎたかもしれない」と言いました。
 

【スポンサーリンク】

 

■鈴木隆道の都議会での追求について

正直一問一答で舛添要一都知事を擁護とまでは行かなくとも
厳しい追求とはいえなかったですね。

これは自民党の問題なのか
鈴木隆道故人の問題なのか。

相変わらず舛添要一都知事が打ち合わせしていた
出版社社長の名前も引き出せませんでしたしねぇ…。

他にも質問が証明書の提出や
喫茶店への支出が正しかったどうか。

湯河原の別荘に滞在していた時の危機管理の方法や
公用車の運用について、給与カットの具体案についてなどと
鈴木隆道の質問からは舛添要一都知事を
続投させたいという気持ちがあるような感じで

ちょっとこれはいただけない。
甘すぎる追求だなという感想です。

正直自民党の相違が鈴木隆道と同じで
舛添要一都知事を続投させる方向だとがっかりですね。

■おわりに

鈴木隆道の質問は生ぬるく
都議会で次に質問をした公明党の
まつば多美子都議は舛添要一都知事から
美術品を資産であるという
言質を引き出しました。

そのために鈴木隆道の追求が
比較するとなまぬるい、という印象が強くなりました。

鈴木隆道の質問はこれ挽回できるのかなぁ…。
湯河原の別荘に滞在してた時の危機管理を
今後そのようなことが無いと約束して欲しい、と言うのは
追求でも何でもないですよねえ。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA