山本有二の失言の内容がヤバイ!談合摘発企業から献金もあり今後が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山本有二農水相が失言を短い期間で二度もしてしまい
冗談ではすまなくなってしまっています。

さらには新たな金銭スキャンダル、
談合を過去に摘発された企業からの献金があったことも判明しました。

今回は山本有二の失言の内容と
談合摘発企業からの献金について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山本有二農水相の失言の内容

山本有二農水相の最初の失言は
2016年10月18日の自民党の
佐藤勉衆院議員運営委員長のパーティー。
TPP承認案の衆院特別委員会審議を巡っての発言です。

「強行採決するかは、佐藤氏が決める」

この発言が何故失言かと言われると
野党が欠席したとしても強行採決する、
ともとれる内容であるから。

そして二回目の失言は2016年11月1日の
自民党議員のパーティーにて。
一度目の失言について以下のように語っています。

「冗談を言ったら、クビになりそうになった」

これは内容どうのこうのというわけでもなく普通に失言。
ただ、少し気になるのは自民党のパーティーでの発言ということ。
気が緩んで失言してしまったんでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

■山本有二農水相の金銭スキャンダル

山本有二農水相は失言以外にも
実はスキャンダルを抱えています。

高知市にミタニ建設工業という
県内トップクラスの建設会社がありますが

このミタニは2012年10月には公共工事をめぐる
官製談合を主導したとして摘発され、

国からは11ヶ月、県からは14ヶ月の
指名停止処分を受けています。
そして山本有二農水相はこのミタニと関係が深かったという。

山本有二農水相は地元に変えるたびに社主と会い、
1995年から2014年には山本有二農水相が代表の
関連政治団体には少なくとも690万円の献金を受け取っています。

他にも高知駅から徒歩10分の約235㎡の駐車場と
高知市内の別の土地を2010年6月に山本有二農水相は
ミタニの子会社、ミタニ観光に売っています。

この二箇所の土地は老朽化した雑居ビルが
ずっと放置されていたりと

ミタニ観光が何か事業に使うために
買い取ったわけではないので
何かの補填だったのでは、と疑いが持たれています。

■おわりに

山本有二農水相はTPPにまつわる失言もあり
上記のような金銭スキャンダルもあるために
なかなか現在の立場は厳しいものに。

しかし結局のところTPPは
TPP離脱をすると表明しているトランプ氏が大統領になったために
TPPは結局どうなるのか不透明な状況。

そのあたりで山本有二農水相の失言も
これ以上追及されないような気もします。

金銭スキャンダルはまだ疑惑段階ですし
山本有二農水相の今後はどうなるのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA