横山幸雄の謹慎処分の原因がヤバイ…。上野学園側はなんと解雇の動き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

上野学園大学の教授であったピアニストの横山幸雄
上野学園の前理事長への役員報酬などで
経営陣と対立をし、謹慎処分を受け
更には解雇をされていたことが明らかになりました。

今回は横山幸雄の謹慎処分の原因となった
上野学園問題についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■横山幸雄について

名前:横山幸雄(よこやま ゆきお)
生年月日:1971年2月19日
出身:東京都三鷹市

横山幸雄は1990年ショパン国際コンクールで
日本人最年少で入賞をし

文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など
多くの賞を受賞している
日本を代表するピアニストです。

また、1998年からは後進の育成に力を入れており
エリザベト音楽大学客員教授と
つい最近までは上野学園大学の教授を勤めていて
盲目のピアニスト・辻井伸行も教え子の一人です。

そして横山幸雄は上野学園の経営陣と
意見が対立して2017年3月13日に解雇をされています。
実は少し前から謹慎処分も受けており

謹慎処分と解雇の原因は
同じものであるということになります。
 

【スポンサーリンク】

 

■横山幸雄の謹慎処分の原因と解雇

横山幸雄は2016年4月ごろから
「新しい上野学園を作る会」を立ち上げ
上野学園大学の問題について苦言を呈してきました。

上野学園大学の経営状態は悪く、
赤字を補填するために教職員の給与を
半分にカットしたり、

授業の削減や旧文部省からの補助金で購入した
バッハの自筆譜面を売却していました。

しかし何よりも問題なのは創業一族への
報酬が明らかに高いこと。

教職員の給与はカットされているものの
創業者一族は実際に勤務していなくても
一族というだけで高額の報酬が支払われています。

そうして2016年3月に横山幸雄は
理事長一族と学園の間の金銭授受を
明らかにするよう申し入れるも
上野学園大学側は応じず。

そのため2016年8月に横山幸雄は
東京地検特捜部と上野警察署に対し
上野学園大学の経営を告発。

第三者委員会の調査により
2016年12月に調査書が行われるものの
学園は保護者や教職者に公開せず。

そのため横山幸雄は情報開示請求をして
調査報告書の原本を手にいれます。

このような件で横山幸雄は
3017年2月18日ごろに謹慎処分に。

そして2017年3月13日には
「学園の機密情報を学内外に開示・漏洩」
したことにより横山幸雄は
営業妨害として解雇されてしまいます。

参考:週刊文春

■おわりに

横山幸雄の謹慎処分の原因は上野学園の問題を
大きく取り上げたため、ということでしょうか。

また、情報開示請求によって明らかになった問題は
上野学園の清掃や食堂などの業務委託を
独占的に引き受けている株式会社「和」が
創業者一族が揃って役員を勤めており

他の業者と比較すると過去9年間で
合計約8億4000万円も高額に。

そして勤務実態のない元理事長が
1億4000万円以上の給与を
得ていたということが明らかになっています。

長期的に赤字であるのに役員報酬を減額せずに
教職員の給与減額と授業の削減はかなりの問題。
理事会が機能していないということなのでしょうか。

しかしここで横山幸雄を解雇してしまうと
問題が更に大きく取り上げられそうですが…。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA