青木宣親と嫁の馴れ初めは一目惚れ!交際条件を出していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アストロズからブルージェイズに移籍することが決まった青木宣親。
これで大リーグ6球団目となるというすごい経歴に。
今回はそんな青木宣親と嫁の馴れ初めなどについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■青木宣親の嫁、青木佐知について

名前:青木佐知(あおき さち)
出生名:大竹佐知(おおたけ さち)
生年月日:1983年8月28日
出身:群馬県桐生市

青木宣親の嫁、青木佐知は
大竹佐知名義でテレビ東京の
アナウンサーとして活躍をしていました。

法政大学法学部法律学科を卒業後の
2006年にテレビ東京に入社をし、
その後はスポーツニュース番組の「メガスポ」で
キャスターを担当し、
スポーツ中継のリポーターとしても活動。

そして2008年には「ウィニング競馬」で
大竹佐知が新司会者として登場しています。

馴れ初めについては後述しますが
2009年には青木宣親と結婚。

嫁として青木宣親をサポートするために
番組を降板し2010年4月にテレビ東京を退社し、
2010年7月には青木佐知名義でブログを開設しており

青木宣親がメジャーリーガーとなってからは
アメリカに移住をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■青木宣親と嫁の馴れ初め

青木宣親と嫁の馴れ初めは
青木佐知がアナウンサーとして青木宣親に取材をした時。
青木宣親が青木佐知に一目惚れを。

知り合った次の日には結婚を前提に交際を申し込み
青木佐知はさすがに困惑し

無茶ぶりのつもりで、次の試合でヒット3本を
打つことが出来たら会うと条件をだし、
青木宣親は無事に3安打を達成。

そうしたことで青木佐知も
これは運命かもしれないと思い交際が開始。
なんとも印象的な馴れ初め。

そして2008年5月には交際が発覚し
2009年11月10日には正式に結婚しています。
また、2011年10月には長女を出産し
2013年7月には男児を出産と、現在2人の子供がいます。

■おわりに

青木宣親は2012年にヤクルトからブルワーズに移籍し
それ以降もロイヤルズ、ジャイアンツ、
マリナーズ、アストロズ、
そして2017年8月1日にブルージェイズに移籍が発表され
大リーグ6球団目とすごい経歴に。

しかし優勝の可能性が濃厚なアストロズから
現在最下位であるブルージェイズに移籍というのも
タイミングが悪いというかなんというか…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA