日本ラクロス協会の専務理事、早川靖彦が横領!経歴は凄いのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本ラクロス協会の専務理事まで上り詰めた早川靖彦が
横領で懲戒解雇されました。

今回はその早川靖彦の経歴やプロフィールについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■早川靖彦のプロフィールと経歴

名前:早川靖彦
年齢:48歳

1986年、慶應高校3年生の頃に
アメリカの大学のラクロスを取り上げている
『MEN’S CLUB』で興味をもちラクロスを開始。

駐日アメリカ大使の協力を得て
慶応大学で男子ラクロスチーム結成。

1987年には日本ラクロス協会設立。
1988年には関東学生リーグ戦開催、日本ラクロス連盟設立。

1999年には日中ラクロス親善試合を開催
2000年には日韓ラクロス親善試合開催

早川靖彦は日本ラクロス協会の設立に深く関わり
そしてアジアへのラクロスの普及にも務めてきた
まさに日本、いえアジアラクロスの第一人者とも言える人物です。

早川靖彦はAsia Pacific Lacrosse Union
通称APLUの役員も務めていて

中国の北京で2013年6月に開催された
第6回APLUアジアパシフィック選手権大会にも
専務理事として出向いています。

このように国内だけではなく国外にも精力的に
早川靖彦専務理事は活動していました。
本当にラクロスの普及に尽力していた方なだけに
今回の横領はとても残念です。
 

【スポンサーリンク】

 

■早川靖彦の横領について

日本ラクロス協会はもともと
大きな組織ではなかったため

組織の権限を分散させておくという
構造がなかったのが問題だと思われます。

そもそもが大学生のグループが
設立したものが母体ですからね。

早川靖彦専務理事は初期メンバーで
中心メンバーであったため
事務局長も兼任し、全件を掌握していたということですからね。

今回の横領に限ったことではありませんが
一人に全権を集中させるというのは
一人が有能でかつ欲のない人物である場合にしか回らず

そして万が一その人の身に何か起こってしまったら
組織の機能が立ち行かなくなるという危険もあります。

今回横領に至ったのも
自分が一人でこの組織を回している、という自負があり
だったらこのぐらいの横領は役得だろう、と
思ってしまったのではないでしょうか。

■終わりに

しかしスポーツの不祥事が相次ぎますね…。
今回は選手側ではなく専務理事という協会側。
選手側だけでなく協会側も
すべての競技で一度体制を見なおしたほうが良いのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA