本田武史はデキ婚した嫁との間に子供が3人いた!現在は解説などで活躍中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元フィギュアスケート選手の本田武史
実は嫁とデキ婚をしていて3人の子供の父親となっています。

今回は本田武史がデキ婚した嫁と
子供たちについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■本田武史について

名前:本田武史(ほんだ たけし)
生年月日:1981年3月23日
出身:福島県

本田武史は1998年にトロントに移住していました。
その後2006年に帰国し、現在は大阪府に住んで
関西大学アイスアリーナでスケートの指導者として活躍しています。

また、2010年のバンクーバーオリンピックや
2014年のソチオリンピックでは実況解説を担当などして
指導者としてだけではなく解説としても活躍中です。

■本田武史の嫁について

本田武史が嫁とデキ婚をしたのは
2007年8月29日。大阪府出身の
一歳年上の女性と結婚しています。

帰国して大阪府にいた時で、
知人の紹介で知り合ったとされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■本田武史の子供

本田武史と嫁との間には子供が3人います。

長女:2008年春
次女:2011年5月30日
長男:2014年3月25日

本田武史はデキ婚と言われているせいか
長女の詳細な生年月日は不明。

とはいえ8月結婚で翌年の春に長女が生まれたので
デキ婚であることは確かなようです。
個人的には結婚のきっかけとして最近では
珍しくなくなってはきている気がします。

■おわりに

本田武史は現在では現役を引退しで
指導者、解説として活躍している他にも
家電が好きすぎて家電好きアスリートとして
バラエティ番組にも出ているようです。

本田武史は9歳からフィギュアスケートを初めて
オリンピックで大活躍をしたわけですが

子供たちにもフィギュアスケートを
もう教えているのかもしれません。

指導者として実際に活動していますし、
本田武史がフィギュアスケートを初めた年齢に
子供たち、長女はもう近いですしね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA