星奈津美が結婚!旦那となる国久雅樹が支えとなって結果を出した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

星奈津美が国久雅樹という一般人男性と結婚することが判明!
銅メダルに加え結婚というおめでたい事が続きます。

今回は星奈津美の結婚相手の国久雅樹について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■国久雅樹について

国久雅樹は会社員で
星奈津美より7歳ほど年上の33歳。

星奈津美と国久雅樹の母親が親友同士で
星奈津美と国久雅樹は幼なじみという関係。
会社員で名前が出るのは珍しいですねえ。

■国久雅樹と星奈津美の馴れ初め

国久雅樹と星奈津美は幼なじみではありますが
年が離れているのもありますし
ずっと近くにいた存在というわけではありませんでした。

国久雅樹と星奈津美が再開したのは2013年1月。
その時に交際を開始しました。

この時に星奈津美は丁度バセドー病を悪化させていたため
国久雅樹が毎日見舞いに訪れて支えてくれていたという。

そして逆に国久雅樹の母が病気になった時に
星奈津美も毎日病院に来て世話をしてくれたという。
国久雅樹が支えとなっただけではなく
国久雅樹を支えてもいて、まさに持ちつ持たれつという関係でした。
 

【スポンサーリンク】

 

■星奈津美が患ったバセドー病

バセドー病は喉仏の下にある甲状腺の機能が高くなり
過剰に甲状腺ホルモンが作られ
脈拍が早くなり疲れやすくなるなどの病気。

顔つきや目つきがきつくなり
目が出てくる眼球突出などが起こります。

2014年10月にはこれまで薬で
甲状腺ホルモンの数値をコントロールしていましたが
今までとは違い2錠増やさなければいけないほど
バセドー病が悪化していました。

手術で甲状腺を摘出するのを選択しなかったのは
メスを入れるのが怖かったのもありますし
喉に負担がかかるのが怖かったのも有ります。

星奈津美の場合は全摘出しなければならなかったので
後遺症の影響も大きかったのでしょう。

しかし全摘出しなければ
この先戦えないほどバセドー病が悪化していたために
2014年11月に手術を決意。

この時手術後一週間入院、そして自宅で
二週間安静していましたが三週間後に
星奈津美は練習に復帰します。

この一週間の入院期間に国久雅樹は星奈津美を毎日見舞い
そして支えていたということになります。

■おわりに

今までは不安を感じると泣きながら母に電話をしていた星奈津美。
しかし2015年4月の代表選考会では
レース前夜に母へ強気な電話をするほどにメンタル面で成長。

その成長の一因を担ったのは
結婚する国久雅樹の影響が大きいのは明らかですね!

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA