イチローの安打数が米通算で現在2960!ピート・ローズ抜ける!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イチローがMLBの歴代通算安打数ランキングを
ぐんぐんと登って行っています。

現在のメジャー通算安打数は2960です。
MLB歴代通算安打数ランキングトップのピート・ローズとは
296の差となりますね。

今回はイチローの現在の米のみでの通算安打数と
後どれだけ伸ばせばランキングで
何人抜けるのか
を見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■日米通算安打とメジャー通算安打数は全然違う

まずは基本的なことから確認しましょう。
確かに凄いことですが、海外だとその認識は違います

あくまでも日本での記録はマイナーリーグ
メジャーリーグとは一線を画しているのです。

海外の、メジャーリーグを日常の物として
普通に見ている人にとっては日米通算安打記録なんて出されても
マイナーリーグとメジャーリーグの
記録を合算するのは何の意味があるんだ?
と思ってしまいます。

ただ、イチローが日米通算4000安打を達成した時に
海外メディアも注目したのはイチローの
メジャーデビューが27歳であったことも関係するでしょう。

なぜならMLB歴代通算安打数ランキングトップの
ピートローズのメジャーデビューは22歳。

単純にイチローがピート・ローズと同じ年齢の22歳で、
つまり5年前にメジャーデビューしていたとしたら
ピート・ローズを抜いていた可能性がとても高いから。

日米通算安打数4000自体が凄い、というわけではなく
早い段階でアメリカでメジャーデビューをしていたら

デビュー初年度で首位打者で新人王、MVPをかっさらった
身体能力を持つイチローなら実際の日米通算安打数ぐらい出せても
全くおかしくはない、という意味なんです。

つまりはイチローだからこそ日米通算安打は
かろうじて意味がある感じの数字。
メジャーリーグで実績を出していますからね。
 

【スポンサーリンク】

 

■イチローの現在のメジャー通算安打数とランキング周辺

イチローの2016/5/24現在の
メジャー通算安打数と
MLB通算安打数ランキングの周辺となります。

1位:4256:ピート・ローズ

26位:3020: ラファエル・パルメイロ
27位:3010: ウェイド・ボッグス
28位:3007: アル・ケーライン
29位:3000: ロベルト・クレメンテ
30位:2987: サム・ライス
31位:2961: サム・クロフォード
32位:2960: イチロー
33位:2943: フランク・ロビンソン

あと1安打で31位タイ。40安打で
29位タイになり、記念すべき3000安打!
一位のピート・ローズへはまだまだ遠いですね…。

■おわりに

イチローは50歳まで、
どうせなら背番道と同じ51歳まで
現役を続けるという話が出ています。

さすがに50近くまでメジャーで活躍するのは
厳しいとは思うんですよね。

現役と言っても日本に戻ってくることに
なるんじゃないかなぁ。

それこそ一年に200安打を打てる全盛期なみに戻れば
ピート・ローズの記録を打ち破るのは
6年ちょっと、つまりは48歳前後で達成できます。

しかし2015年は91安打。
ここから全盛期並みに戻るのは流石に厳しい!
そうなると本当にメジャーデビューが
ピート・ローズと比べて遅かったのが悔やまれる。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA