ヨハン・クライフ死去。氏の名言と動画をみて偲ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界で最も有名なオランダ人である
ヨハン・クライフが死去。

サッカープレイヤーとしてだけではなく
指導者としても超一流だったヨハン・クライフ。
今回は氏の名言と動画を見てみましょう。

■ヨハン・クライフの略歴

本名:ヘンドリック・ヨハネス・クライフ
愛称:フライング・ダッチマン
エル・サルバドール
エル・フラコ
スーパースター

職業:サッカー選手、指導者

生年月日:1947年4月25日
出身地:アムステルダム
没年月日:2016年3月24日

選手時代には欧州年間最優秀選手賞を3回受賞。
選手としても20世紀を代表する選手の一人とされ
監督としてもUEFAチャンピオンズカップ優勝の
実績など成功を収めた。
選手としても監督としても一流。

2015年に肺がんを患い闘病生活を送っていたが
2016年3月24日に家族に囲まれて息を引き取った。

闘病中でもヨハン・クライフの興味はやはりサッカーにあり
バルセロナの現地時間2016年2月14日のメッシのトリックPKに感動し
「興奮した。とてもワクワクした」と語っています。

現代サッカーにとても大きな影響を与えた
ヨハン・クライフ氏の死は
これからサッカー界にどんな影響を与えるのでしょうか。

■ヨハン・クライフの名言

ヨハン・クライフ氏は選手としてだけでなく
指導者としても超一流です。
よってたくさんの名言が残っています。
そのうちのいくつかを今回は紹介します。

■ボールを動かせ ボールは疲れない

■100mより30~40mを速く走ることが重要。
だがもっと重要なのは、いつ走るかだ。

■勝利には貪欲に、しかし、散り際は美しく。

■ひとたびピッチに立ったら、人生同様、試合を満喫しないとね。

■ボールを持てば私が主役だ。
決定するのは私で、だから創造するのは私だ

■もし第二の人生があって、
選手か監督かを選ぶことができるとしたら、
私は迷わず選手の方を選ぶね

最後の名言が死去した今となっては心に刺さります。
闘病生活の際に見たメッシのトリックPKも
興奮しただけでなく、ヨハン・クライフ自身も
体を動かし、自らサッカーをしたかったんじゃないでしょうか。
そう深読みしてしまいます。

■【動画】ヨハン・クライフのスーパーゴール

最後にヨハン・クライフの
選手として現役時代のゴールの動画を見てみましょう。

常にエレガントなプレーをし
空飛ぶオランダ人とまで言われ
スーパーゴールをしたヨハン・クライフ。

まだ68歳と亡くなるには早い年齢でした。
サッカー界のレジェンドでも
ヘビースモーカーだったため肺癌には
勝つことが出来なかった。
ご冥福をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA