亀田和毅は結婚した嫁とは家でスペイン語で会話をしているほどだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

亀田三兄弟の三男である亀田和毅
三兄弟の中で才能が一番あるとして注目をされている亀田和毅ですが

2015年10月に結婚したメキシコ人女性の嫁とは
家でスペイン語で会話をするほどスペイン語が堪能。

まだまだ先の話になりますが、
ボクシングから引退したとしても
スペイン語を活かして生活ができそう

今回はそんな亀田和毅の結婚した嫁についてと
スペイン語についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■亀田和毅について

名前:亀田和毅(かめだ ともき)
生年月日:1991年7月25日
出身:大阪府大阪市

亀田和毅は亀田三兄弟の3男。
当初は北京オリンピック出場を狙って
国内での活動をしていたものの、

2007年3月には辮髪にした髪の毛や
兄弟の前座でスパーリングをしたこと、
テレビ出演などがアマチュア規定に
引っかかると言われ方向転換。

亀田和毅は16歳の頃にメキシコへ
単身修行へと出されます。
メキシコシティの日本人ペンションのようなところに

住んでいたものの、そこは
目の前の公園で薬が取引されるほど治安が悪く

練習以外では部屋に閉じこもっていたため
激しいホームシックになり
兄や友人たちに毎日のようにメールを打っていたという。

しかし2008年11月にはメキシコでプロデビュー。
順調に勝利を積み重ね、
2013年8月にはWBO世界バンタム級タイトルマッチで勝利し
日本人として初めてWBOタイトルを獲得しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■亀田和毅の嫁がメキシコ時代を支えてくれていた


ホームシックであった亀田和毅に転機が訪れたのは
メキシコに渡った年に出来たガールフレンドで
後に嫁となるシルセ・クエバスさんとの出会い。

亀田和毅の嫁は元WBA世界ウエルター級チャンピオンの
ホセ・クエバスが遠縁で、彼女自身も
アマチュアでボクシングをしていました。
そのために亀田和毅の事を理解し、支えてくれたという。

そんな亀田和毅と嫁は16歳の頃から交際をしていて
2015年10月に、約9年間の交際を経て結婚しています。

■亀田和毅とスペイン語

亀田和毅はスペイン語が流暢ですが
語学スクールには通っていません。

どのようにスペイン語を覚えたかというと
まずは毎日3つのスペイン語を覚えることをノルマに。
その次はジムで聞いた言葉を書き留めて辞書で調べます。

さらには言い回しが頭に入るため、
現地のテレビドラマを見て
フレーズを吸収していきます。

もちろん嫁の影響も大きく
嫁の家にホームステイのような形で出入りしているうちに
スペイン語を完璧に覚えて友人が増えていったという。

亀田和毅はその堪能なスペイン語を活かして
世界のボクシング関係者と
通訳を介さずに交流を積極的に続けてきています。

また、家でも嫁とはスペイン語で会話をしていることを
2017年3月にブログで明かしています。

■おわりに

亀田和毅のスペイン語が堪能になったのは
やはり必要に迫られたからというのが大きそう。
それに加えて恋人もメキシコ人であったわけで
モチベーションは更に上がりますよね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA