加藤幹典は戦力外で引退、現在ヤクルト本社で勤務。嫁と子供ができていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2007年のドラフト会議で大学生BIG3とも言われた加藤幹典
2012年に戦力外で引退し、現在はヤクルト本社で勤務をしています。

そして嫁との間に子供もできていたという。
今回は加藤幹典の現在について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤幹典について

名前:加藤幹典(かとう みきのり)
生年月日:1985年6月4日
出身:神奈川県横浜市

加藤幹典は小学校一年の頃に
横浜市緑区少年野球連盟の
寺山スネークスで野球を始めます。

小学校高学年でピッチャーとなってからは
試合が終わってからは父親が夜に反省会を開き
母親がスコアからのデータをもとに改善点を話し合うという
かなり野球に協力的な家庭でした。

そのため試合での経験を消化することが習慣になったために
試合中も冷静に状況把握が加藤幹典はできていたという。

その甲斐あって2007年のドラフト会議では
大学生BIG3の一人とまで言われ
ヤクルトから単独指名を受けます。

しかしプロ入りしてからはあまり結果を出せず、
2011年には登録抹消をされ
2012年では一軍の登板はなく、戦力外通告を受けた後に
現役を引退しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤幹典の嫁


加藤幹典は8歳年上のフリーライター
松本小夜香と2011年10月2日に結婚しています。

加藤幹典と嫁の松本小夜香の出会いは2009年8月。
知り合いが開いたバーベキューで知り合い、
加藤幹典が松本小夜香に一目惚れ。
そして2010年5月10日にプロポーズをしたという。

加藤幹典は松本小夜香にベタ惚れで、
以下のように語っています。

「夢を追いかけている姿が尊敬できるし、
自分を正しい方向に向けてくれた。すべての面にひかれました」

もともとは2011年1月15日に挙式、
背番号にちなんだ16日に入籍の予定だったようですが
実際に結婚したのは2011年10月2日とかなり
予定がずれていますね。

実は加藤幹典と嫁の松本小夜香の間には
2011年4月27日に長男が生まれています。
妊娠していたために
挙式は落ち着くまでしなかった、ということなのでしょう。

■加藤幹典の現在

加藤幹典は戦力外で現役を引退してからは
ヤクルトの本社、宅配営業部で勤務しています。
ヤクルト400の試飲を一般家庭に勧めて回るという
かなりハードな日々であったという。

そして2015年4月には部署を移動して
その部署に役立つマーケティング講習を受けていて
レポートの優秀者として2位で表彰されるほど
今の仕事にも意欲的に取り組んでいます。

また、ヤクルトのOBが野球教室を通じて
子どもたちをサポートする、
NPOつばめスポーツ振興協会にも所属していて
野球とも関わりを続けています。

■おわりに

加藤幹典といい、野球選手は
周りの女性はだいたい年上になるため
嫁もやはり年上になりますね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA