小桧山雅仁は現在はラジオ局の営業マンになり社内結婚をしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラフト一位指名で横浜ベイスターズに入団した小桧山雅仁
現在は球界からは引退して意外にも
ラジオ業界で活躍をしています。
今回は小桧山雅仁の現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小桧山雅仁について

名前:小桧山雅仁(こひやま まさひと)
生年月日:1969年5月7日
出身:神奈川県横浜市

小桧山雅仁はバルセロナオリンピックの
野球日本代表に選抜されて
プエルトリコ戦で完封勝利を飾り
日本の銅メダル獲得に貢献し、

その活躍を期待されて1992年にドラフト一位で
横浜ベイスターズに入団。

一年目に小桧山雅仁は新人王候補になるほどの成績でしたが
2年目以降の成績は伸び悩みます。

右ひじの靭帯を断裂し1997年に手術をし、
1999年に復帰をしましたが活躍の機会にあまり恵まれませんでした。
2001年に横浜を退団し、

2002年には台湾プロ野球でプレーをするものの
2002年夏に最後ひじを故障。
しばらくコーチとして活動したもののその年で退団をします。
 

【スポンサーリンク】

 

■小桧山雅仁の現在は

小桧山雅仁はずっと野球一筋だったので
出来れば野球に携わって行きたかったものの

台湾では言葉の問題があったためにコーチとして
役割を果たせず、野球の世界にこだわっても
食ってはいけないと判断。

大学の先輩である元TBSアナウンサーの
松下賢次に相談をした所、
TBSラジオを紹介してもらい2003年に入社しました。

■小桧山雅仁の結婚

小桧山雅仁はTBSラジオの営業部で勤務をし、
2014年12月には野球好きで知られる
当時TBSラジオの954情報キャスターであった
白井京子と職場恋愛をして結婚していたことを発表。

白井京子は結婚により交通情報のキャスターを除いて
14年間勤めてきたTBSラジオのキャスターを退職します。

本当は交通情報のキャスターも
すっぱりとやめる予定だったものの
急遽人手不足に陥ってしまったために
そこだけは白井京子が継続するようになったという。

■おわりに

横浜ベイスターズに所属していた小桧山雅仁は
もちろん三浦大輔ともチームメイト。

2016年に三浦大輔は引退をしましたが
それより以前にはラジオ営業マンと
現役プロ野球選手という関係で仕事をしたこともあるという
不思議な縁がありました。

そう考えると元プロ野球選手の
ラジオ営業マンというのは営業力凄そうです。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA