小柳ルミ子は現在サッカー好きが講じて解説者へ!きっかけはベッカム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歌手、女優として活躍をしている小柳ルミ子
現在はベッカムフィーバーをきっかけに
サッカーにのめり込んでいることで知られ、
解説者デビューを目前に控えています。

今回はそんな小柳ルミ子が
現在のような熱狂的なサッカー好きになったきっかけについてと
解説者としての今後について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小柳ルミ子について

名前:小柳ルミ子(こやなぎ ルミこ)
生年月日:1952年7月2日
出身:福岡県福岡市

小柳ルミ子は宝塚音楽校に入学し
歌手デビューをするために首席で卒業。
初舞台だけを踏むために宝塚歌劇団に入団し二ヶ月で退団。

1970年に歌手デビューする前に
顔を売るためにNHK連続テレビ小説「虹」でデビューし
1971年には「わたしの城下町」で
歌手デビューしミリオンセラー。

1972年には「瀬戸の花嫁」で
日本歌謡大賞を受賞し
NHK紅白歌合戦には18回も出場しています。

また、プライベートでは
1971年に13歳年下のダンサーと結婚も2000年に離婚。
2007年7月には俳優の石橋正高と
婚約を発表するも婚約を解消しています。

■小柳ルミ子がサッカー好きになったきっかけは…

小柳ルミ子がサッカーに興味をもったきっかけはベッカム。
元々小柳ルミ子はスポーツ全般が好きであったものの
ベッカムフィーバーが巻き起こった
2002年のワールドカップ前後がきっかけ。

ベッカムがきっかけで
定期的にサッカーを見るようになりましたが
小柳ルミ子が更にサッカーにのめり込んだのは
メッシの存在が大きいとのこと。

メッシがプロデビューしたことがきっかけで
ますますサッカーにのめり込み映画もチェック済み。
小柳ルミ子はメッシを人間的なバランスが
最高の世界一の選手だと思っていると語り絶賛しています。

そうして今では1日およそ5試合。
1年間でなんと2190試合も観戦しているという。
 

【スポンサーリンク】

 

■小柳ルミ子は現在サッカー好きが高じて解説者デビュー

そんな誰よりもサッカーを見ていると
豪語しており、実際に2014年のワールドカップの全64試合を
リアルタイムでテレビ観戦したという小柳ルミ子。

2017年7月15日にはフジテレビで生放送の
「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017
浦和レッズvsボルシア・ドルトムント」にて

サッカー解説者デビューをします。
タレントのJOYと共に副音声としてではありますが。
このサッカー解説者デビューが好評であるのなら
更にオファーが増えるのかも…?

■おわりに

小柳ルミ子は2017年7月11日にも
AbemaTVの生放送番組
「来日緊急生放送!!FCバルセロナ・ピケに聞きたい10のこと」にも
出演するなどサッカー関係の仕事がメインになってきています。

小柳ルミ子は2017年6月4日の
サッカー番組「FOOT×BRAIN」でも

ゲストとして呼ばれるほどですし
サッカー中心の生活のよう。
本格的にサッカー解説者としてデビューをする日が待ち遠しい!
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA