岡野雅行は現在ガイナーレ鳥取の営業職を経て代表取締役GMに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

浦和レッズに入団して以来、
野人とも言われ1997念には決勝ゴールデンゴールを決め
日本代表を初めてワールドカップ出場に導いた岡野雅行

現在は現役を引退し、ガイナーレ鳥取にて
営業職として勤めた後に

最終的に代表取締役GMにまで就任をしています。
今回はそんな岡野雅行の現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■岡野雅行について

名前:岡野雅行(おかの まさゆき)
生年月日:1972年7月25日
出身:神奈川県横浜市

岡野雅行は日本大学を3年で中退。
その後、1994年に浦和レッズに入団。
プロ入りをしてすぐに快速フォワードとして
注目を受け、一年目に日本代表に招集。

1997年11月、マレーシア・ジョホールバルで行われた
FIFAワールドカップ・アジア予選のアジア第3代表決定戦での
イランとの戦いでは決勝Vゴールを決め、
日本のワールドカップ初出場を決めました。

この件で埼玉での表彰である、
彩の国特別功労賞を1997年12月4日に受賞。

2001年からはヴィッセル神戸に在籍をし
2004年に浦和レッズへ復帰。

2008年に契約満了をし
2009年に香港のTSWペガサスえお経て
2009年8月にはガイナーレ鳥取に移籍。
2013年シーズンで現役を引退しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■岡野雅行の現在

岡野雅行はガイナーレ鳥取で
4年間選手として在籍をし2013年に現役を引退。
解説のオファーが来ていたので
東京に帰ろうかとも思っていましたが

チームに残って力を欲しいと頼まれ、
ゼネラルマネージャーへ就任。
スポンサー回り、監督選びや選手の補強など
多忙を極めることに。

そしてチームの育成強化は
強化部長のの吉野智行に任せ、
岡野雅行は営業に専念。

そうして2017年4月27日付で
岡野雅行は現在代表取締役GMに就任。
社長と共に経営時効を執行していく立場となっています。

また、岡野雅行は自治体や官公庁などで
波乱万丈のサッカー人生などについて
講演をしている実績もあります。

■おわりに

岡野雅行はガイナーレ鳥取の
選手補強費用を獲得するために
ふるさと納税のような感じで
漁師の格好をして寄付を募っています。

なんと2ヶ月で総額2600万円集まり、
浦和レッズ時代のファンの力が大きいのか、
40%は関東地方でした。

この寄付金でフェルナンジーニョを獲得しており
3試合連続ゴールとものすごい活躍を見せていました。

ちなみにフェルナンジーニョ選手は2017年1月に
プロ選手としてキャリアを積んだ、
ブラジルのクラブ、フェホヴィアリアに
移籍をすることが発表されています。

このような活動の実績もあって
現在は代表取締役GMとして活躍をしているんですね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA