太田忍は忍者レスラー!柳井学園高等学校出身のレスリング期待の星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

太田忍がメダリストとなりました!
忍者レスターという二つ名にふさわしい勝利を決めた太田忍は
柳井学園高等学校出身で、母校の期待を一身に背負っています。
今回は太田忍についてみてみましょう。

■太田忍について

名前:太田忍(おおた しのぶ)
生年月日:1993年12月28日
出身:青森県
出身高校:柳井学園高等学校
所属:ALSOK

レスリング選手として165cmと小柄ながらも
素早い身のこなしと力強さが同居するスタイルから
忍者レスラーとまで言われている太田忍。
まさにレスリング界期待の新星です。

■太田忍がレスリングを始めたのは父がきっかけ

実は太田忍の父、陽一はレスリング選手。
父の影響で小学2年生の頃から初め、姉と2人の妹とともに
レスリングの技術を学んだという生粋のレスリング一家。

今は現山口県レスリング協会名誉会長にまでなった
勝村靖夫が当時指導していた八戸キッズに入団しています。

そして勝村靖夫からは当時から才能を見出されていたという。
太田忍が中学を卒業した時には
勝村靖夫は山口に戻って指導者となっていましたが

太田忍は勝村靖夫を追って山口県の柳井学園高等学校に進学。
なんと勝村靖夫の実家に下宿しながら
レスリング道場で練習に励んでいました。

太田忍は幼いころにはレスリング選手の父に教えられ
そしてそれ以降は才能を勝村靖夫によって
磨き上げられたという事になります。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

太田忍はビッグマウスともいわれています。
実際に太田忍のTwitterではこんな発言も。

これは小さい頃から太田忍の父、陽一さんら家族の目標として
やるからには二位じゃダメだ、一位じゃないと
というものがあったからかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA