瀬古利彦がなぜオリンピックでメダルを取れなかったかというと血尿などが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本のマラソンを牽引してきた瀬古利彦
素晴らしい選手であるものの
オリンピックではメダルを取ることが叶っていません。

今回はなぜ瀬古利彦は
オリンピックでメダルを取ることが
出来なかったかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■瀬古利彦について

名前:瀬古利彦(せこ としひこ)
生年月日:1956年7月15日
出身:三重県桑名市

瀬古利彦は元々は野球をしていましたが
高校時代の1973年、1974年にインターハイの
800m、1500mで優勝をしています。

1976年に早稲田大学に入学し
競走部に入部して中村清監督から
マラソンを勧められて転向。

1978年~1980年の
福岡国際マラソンで三連覇をし、
モスクワ、ロス、ソウルと
3大会連続でオリンピック代表になります。

ソウルオリンピック後に
国際千葉駅伝で日本チームの
アンカーをして現役を引退。

現役引退後はエスビー食品陸上部監督と
早稲田大学競走部のコーチを兼任しています。

2006年にはエスビー食品陸上部監督を退任しており
2013年4月からはDeNAランニングクラブ
総監督となっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■瀬古利彦はオリンピックでメダルをなぜ取れなかったか

瀬古利彦がオリンピックに参加したのは
実際は1984年のロスオリンピックと
1988年のソウルオリンピックのみ。
1980年のモスクワオリンピックは

代表にはなったものの
西側諸国のボイコットで
そもそも出場自体が出来ませんでした。

瀬古利彦にとって絶好調であった
1980年にモスクワオリンピックに
出場できなかったのは大きな痛手。

■瀬古利彦のロスオリンピックでの失敗

次の1984年のロスオリンピックについては
瀬古利彦は炎天下の東京で
40キロ走を繰り返して体調を崩し
試合の二週間前に血尿が出るほど体調不良。

そのためレース目前だったものの
瀬古利彦は練習を一週間休むなど
調整に失敗をしていました。

実は恩師である中村監督ががんに冒されていました。
瀬古利彦が命がけの所を見ているから
今は病院に行かないとまで言って

中村監督はがんであることを
マスコミに隠していました。

そのため瀬古利彦は調子が悪いため
休ませて欲しいなどとは言い出せなかったという経緯が。

そのため体調が悪く
結果は14位となってしまいました。
 

【スポンサーリンク】

 

■ソウルオリンピックはピークを過ぎていた

そして1988年のソウルオリンピックですが
事実上五輪代表選考会である
1987年の福岡国際マラソンには
足首を捻挫していたため欠場。

選考レースの一つである
びわ湖毎日マラソンに優勝して
代表とはなったものの

そもそもの優勝タイムが
突出して速いというものではなく

瀬古利彦に対する救済とも言われたことがあるほどで
ソウルオリンピックの結果は9位と
メダルを手に入れることは出来ませんでした。

■おわりに

瀬古利彦がなぜメダルを取れなかったかというと
やはり絶好調であった1980年に
モスクワオリンピックが
ボイコットで出場自体できなかったのが一番大きい気がします。

歴史にifはありませんけれども
もしモスクワオリンピックのボイコットがなければ
瀬古利彦はロスやソウルオリンピックも
調整をうまく出来たのではないかなぁという気が。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA