多田修平(陸上)が追い風参考も国内初の100m9.94秒を記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

陸上の多田修平が追い風参考ながらも
陸上で国内初の100m9.94秒をマークし、にわかに注目を浴びています。

実は2016年5月頃から注目をされ始め
2017年5月にはリオオリンピックの銀メダリスト
ジャスティン・ガトリンもスタートを絶賛していたダークホース。

今回はそんな陸上の新星である
多田修平についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■多田修平について

名前:多田修平(ただ しゅうへい)
生年月日:1996年6月24日
出身:大阪府東大阪市

多田修平は高校は大阪桐蔭高等学校で
関西学院大学へ進学。

2015年8月の近畿選手権で10秒27をマーク。
ゴール後に転倒をし左足のじん帯を損傷して
秋のレースには参加できなかったものの

2016年5月に行われた関西学生対抗選手権には復帰し
男子100メートルを連覇。
2017年5月に関西学生対抗選手権では
10秒22の自己ベストで三連覇をするなどして
注目をされるようになります。

■多田修平はスタートのセンスをガトリンに認められる

2017年5月21日に行われた
「陸上・セイコー・ゴールデンフランプリ川崎」で
男子100mに多田修平は3位となります。

1位はリオ銀メダリストのジャスティン・ガトリン(10秒28)で
2位はケンブリッジ飛鳥(10秒31)。
3位が多田修平(10秒35)となっており
世界でも活躍するガトリンをして以下のように
言わしめています。

「誰だかわからないけど素晴らしいスタートを切った選手がいた」
「ダークホースは多田だった」

多田修平は70メートル手前までリードをしており
スタートのセンスが抜群です。

実は多田修平、2015年8月の近畿選手権で
ゴールした後に転倒し靭帯を損傷してからは
筋力強化で3キロ増加させて65-66キロへ。

更にはセイコーの山県亮太のスタートを参考にし、
小刻みだった歩幅を一歩目から大股に改善し
スタートを飛躍的に向上させています。
 

【スポンサーリンク】

 

■多田修平が追い風参考ながらも100m9.94秒へ

多田修平は2017年6月10日に行われた
日本学生個人選手権男子100メートル準決勝で
追い風4.5メートルながらも9.94秒をマーク。
コレは日本人選手で国内初の記録になります。

ちなみに2015年3月に桐生祥秀が
米国の大会で追い風3.3の参考記録で9.87

2017年4月にケンブリッジ飛鳥が
アメリカの競技会で追い風5.1の参考記録で9.98。

■おわりに

多田修平にとっては2017年5月に行われた
ゴールデングランプリはやはり大きな出来事だったよう。

そうしてゴールデングランプリで3位だったものの
言葉通り日本選手権ではまさに追い風が吹きました。
追い風参考記録とはいえ9.94をマークした多田修平。
すごい勢いで速くなっていっています。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. くにこ より:

    話なんか誰でも合わせられる

コメントを残す

*

CAPTCHA