武田勝が引退発表。現在は指導者としてコーチ就任の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本ハムの武田勝が現在のシーズン限りで
引退することが明らかになりました。

今回は武田勝の引退理由と
今後についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■武田勝の現在

日本ハムの投手陣を長年支えてきたW武田の武田勝。
プロ11年目の2016年現在では
二軍で先発ローテーションを守ったものの
昇格の機会はありませんでした。

現在は近々札幌で記者会見を開き、
武田勝が自らの心境を明らかにする機会を
設けるそうです。

■武田勝の引退理由

130キロと早くはないものの
抜群の制球力とメンタルの強さで
まさに技巧派といった武田勝。

日本ハムファイターズが好きであり
残留をしたものの二軍から昇格できず
投手としてよりは指導者として関わりたいと
武田勝は考えたのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

■武田勝はコーチ就任なるか

球団は武田勝の指導者としての資質を評価しています。
二軍での活動が長かったものの、
若手の相談役として頼られてきましたし

速球はなくとも制球力などで
戦ってきた武田勝ですから

天才肌の選手よりはベテランとして
自分の経験や技術を伝えるのは向いています。

7000万の減俸があっても
国内FA権を行使せずに日本ハムに残留するほど
武田勝は日本ハムへの愛着が高いですし
コーチ就任の可能性は高いのではないでしょうか。

■おわりに

武田勝は2015年11月にFA権を行使せずに
日本ハムに残留することを決定したときに
以下のように語っています。

ファイターズで野球人生を終えたい。
ファイターズにいることが、しっくりくる。

選手としてはファイターズで現役を引退しました。
しかしこれから選手としてではなく
コーチとしての野球人生を視野に入れれば
現役の引退が野球人生の終わりとはいえません。

武田勝はベテランしか出来ない役割を心得ていて
そのことについては以下の通り語っています。

「自分の経験を伝えたい。技術や力があっても1年間戦い抜くのは難しい」
「大半はメンタルの部分ですね」

これこそ選手としてよりも
コーチとして指導したほうが輝く気がします。

武田勝は現役を引退しても
指導者という形で日本ハムに関わるのかどうか。

近く開かれるという会見で
武田勝の今後、指導者としての活動を
視野に入れているのかが注目されます。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA