田村奈津枝が交通事故で…。元なでしこオールスターで現在は後進の育成を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2008年に開催された
なでしこリーグオールスター2008にも出場していた
田村奈津枝
交通事故によりなくなってしまいました。

2009年に引退してからは
日体大のコーチとなり、現在はJFAアカデミー今治にて
なでしこジャパンとなる人材の育成に取り組んでいました。

今回は田村奈津枝についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■田村奈津枝について

名前:田村奈津枝(たむら なつえ)
生年月日:1982年6月21日
出身:神奈川県

田村奈津枝は村田女子高校時代に
サッカーを始め、日本体育大学在学中に
全日本大学女子サッカー選手権大会を4連覇。

神奈川県代表として国体にも
4大会連続で出場をしています。
2005年に卒業し、日テレ・ベレーザに加入。

2007年にはINACレオネッサに移籍をし
2008年にはなでしこオールスターに選出。
2009年に引退をして日体大のコーチとなり

2013年から1年間は日本オリンピック委員会の
スポーツ指導者海外研修員として
女子ドイツ1部のフライブルクに
コーチとして帯同していました。

そして田村奈津枝は現在まで
JFA(日本サッカー協会)で
将来のなでしこジャパンを育成するために

女子中学生が寄宿生活を行って
サッカーを学ぶ「JFAアカデミー今治」の
コーチとして活動をしていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■田村奈津枝は事故で…

田村奈津枝の事故により
日テレ・ベレーザ時代に共に戦った小林弥生も
ショックを受けて以下のようにツイートをしています。

バレンタインデーはこれからはハッピーじゃないかも

小林弥生のブログでは
田村奈津枝の名前はたびたび出ており
妥協無しで頑張る田村奈津枝が好きで

頑張る勇気をもらったと語っており
仲はとても良かったようです。

■おわりに

田村奈津枝は海外に研修をした際に
日本のスポーツの発展に結びつくヒントを多く学び
それを日本に適した形に変換して
多くの人に広めたいと語っていました。

まさにJFAアカデミー今治の思想に
適した考えでありましたが
夢半ばという形になってしまいました。

指導を受けていた生徒たちも
ショックは大きそうです。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA