阿部一二三と妹の詩は共に柔道界期待の新星!兄妹揃っての五輪に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

柔道界期待の新星である阿部一二三と妹、阿部詩の阿部兄妹。
兄妹揃って東京オリンピックに出場し、
そして優勝をするという話もしており
実力的に実現する可能性もとても高い二人。

今回はそんな阿部一二三の妹、
阿部詩についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■阿部詩について

名前:阿部詩(あべ うた)
生年月日:2000年7月14日
出身:兵庫県神戸市

阿部一二三の妹、阿部詩は
第二の谷亮子として活躍が期待されています。
そんな阿部詩が柔道をするきっかけとなったのは兄。

阿部一二三ら兄2人が兵庫県警兵庫署の
柔道教室「兵庫少年こだま会」に通っていて
それを妹の阿部詩が見に行って楽しそうだと思い
5歳の頃に父親に自分からやりたいと言い出しました。

そうして阿部一二三が中学生の時に
柔道部監督の松本純一郎の指導を受けるため
私立夙川学院に通っており
阿部詩自身も小学4年生の時から
指導を受けていたためそのまま私立夙川学院に進学。

安倍一二三が中学生の全国大会で2年連続で優勝した時に
妹の阿部詩も日本一が現実的な目標となり練習に力を入れ
中学3年生の頃に全国中学校柔道大会、
チューリンゲン国際カデ大会で優勝。

2016年には全日本カデ大会で優勝をし
2017年2月には国際大会女子52キロ級で史上最年少優勝。

2017年3月には柔道全国高校選手権で女子52キロ級で優勝。
2017年8月には全国高校総体(インターハイ)で
全5試合をオール一本勝ちと豪快な勝利も決めています。
 

【スポンサーリンク】

 

■阿部一二三と阿部詩の兄妹

そんな阿部一二三と阿部詩の兄妹は
普段は柔道の話をすることはなく、
試合前に連絡を取り合うぐらい。

阿部詩のプレースタイルは
ずっと阿部一二三をみて柔道をしていたために
よく似ているとも言われ、阿部詩本人も認めています。

そして兄妹で東京オリンピックへ出場し
優勝を目指している2人。
そんな二人はお互いに実力を認めており、

2017年7月に行われた、阿部詩が出場した
金鷲旗柔道大会では決勝で4人抜きを決めており、
その事に対して阿部一二三は妹の活躍について
以下のように語っています。

「その前(の試合)も結構抜いていた」
「1日20試合ぐらいしていた。やばい」

また、逆に阿部詩も
2017年8月29日に行われた柔道・世界選手権に
兄である阿部一二三が初出場で初優勝したことについて
以下のように反応。

「本当に人間なのかと、本当に兄なのかと思った。凄かった」

まさに刺激を受けあっている兄妹で
まだまだ伸びしろがありそう。

■おわりに

ちなみに阿部一二三、阿部詩の恩師である
夙川学院高の松本純一郎監督は
センスの方は阿部詩があり、天才と公言。

今は阿部一二三の妹と言われているものの
いつかは阿部詩のお兄ちゃんと言わせたいとまで
語っているほど。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA