アンミカが小6当時写真!子供時代の貧乏エピソードが凄い

アンミカが小6当時写真をインスタに投稿しました。
アンミカは子供時代の貧乏エピソードと
現在のセレブ生活の
ギャップが凄い人物。

今回はそんなアンミカの小6当時写真と
子供時代の貧乏エピソードについて
みてみましょう。


 

 

■アンミカの小6当時写真

アンミカの小6当時写真は
2019年10月9日に
インスタにて投稿されました。
小6当時写真は卒業式のもの。
アンミカは3月末が誕生日であるために
丁度背が伸びて細くなり始めた時期。

小6当時写真を見ると他の子供は
襟付きシャツであるものの
アンミカはタートルネック。

ちなみに小6当時写真には写っていませんが
靴下も謎の真緑であったという。
白い靴下よりも返って高そう。

アンミカの小6当時写真は
現在とは印象がかなり違いますね。
しかし一体どこを見ているのか。
 

 

■子供時代の貧乏エピソード

アンミカは子供時代の
貧乏エピソードを番組にて度々明かしています。
アンミカは生まれたのが韓国の済州島。
3歳の時に家族で大阪に移住をしますが
子供時代は家族7人で四畳半の部屋で生活。

そんなアンミカの子供時代の
代表的な貧乏エピソードについて
みてみましょう。

■4畳半の部屋は他人の家の2階で雑魚寝。
■長屋地帯に住んでいた。

■朝3時に近所の青果市場で
捨てられた果物を拾って食べた。
■スイカは貴重品で種は捨てない。
■スイカの種に砂糖をまぶして飴代わり。
■スイカの皮で体を洗う。

■病院には基本行かない。
■骨折などをした時は母親が
病院の先生を外に呼び出し
「個人的なアドバイス」をもらう。
■住んでた家は2回全焼。

■母親が15の時になくなる。
■父親も20代の時になくなる。

アンミカは子供時代の
貧乏エピソードを番組で語っていますが
2012年にはセオドール・ミラーと結婚。
現在は超セレブとなり1日で億単位のお金を稼ぐ
テレビショッピングの女王として君臨。
 

 

■旦那のセオドール・ミラーとは対照的

アンミカが結婚したセオドールミラーは超セレブ。
ニューヨーク出身で父親は建設会社社長。
兄は映画監督であり、
子供時代の誕生日プレゼントは「山」。

毎年父親の所有しているヨットで
数週間クルージングをするなど
アンミカの子供時代とは全くもって対照的。

そのためアンミカと旦那が
子供時代の話をしてもなかなか噛み合わず、
4畳半に暮らしていたことを説明するにも
「雑魚寝」という概念を説明するのにも一苦労。

ちなみにセオドール・ミラーの家系は長生き。
父親も母親も80代ですがまだまだ元気で
祖母も101歳まで存命だったと明かしています。

■おわりに

アンミカは小6当時写真をインスタに投稿。
子供時代のエピソードが少しだけ
わかるような写真でしたけれども、
ひと目でわかるような、家の写真は存在せず。

子供時代には学校行事でもなければ
写真に残そうという思いは
無かったのかもしれません。
写真を撮るぐらいなら食費に回しそう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました