相武紗季の妊娠中の旅行に波紋も。インタビュー動画では読み聞かせも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年5月に一般男性の
旦那と結婚をした相武紗季
2017年5月に妊娠中であることを明かして
2017年10月には無事に
子供を出産したことを報告。

そんな相武紗季ですが
妊娠中にインタビューを受けており
その際に妊娠中の旅行について
関心があることを明かし各地で波紋も。

今回は相武紗季の妊娠中の旅行について
いったいどのような反応が
あったかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■相武紗季の妊娠中の旅行についての考え

相武紗季は前述の通り2017年5月に
旦那との子供を妊娠中である事を
発表しています。

そうして2017年8月28日には
雑誌「mamagirl 秋号 2017」にて
相武紗季が初登場して
スペシャルインタビューが
掲載されていました。

そのインタビューでは
出産前にやっておきたい事として
相武紗季は旅行と答え、
国内も海外も駆け込み気味に旅行へ出て
思い出を作りたいと答えていました。

■産婦人科医が反論へ

そんな相武紗季の妊娠中の旅行について
フジテレビ「とくダネ!」の
コメンテーターで
産婦人科医である宋美玄がツイッターにて
妊娠中の旅行に反論。

後日その理由について
以下のようにツイート。
リスクを伴う妊娠中の旅行よりも
出産後に旅行をして欲しいと語っています。

 

【スポンサーリンク】

 

■妊娠中の旅行のリスク

具体的に妊娠中の旅行には
どのようなリスクがあるのか。

産婦人科医を舞台にした漫画
「コウノドリ」のモデルとなった

りんくう総合医療センター
泉州広域母子医療センター長である
荻田和秀は以下のように語っています。

飛行機の中とか産科医が
すぐに対応できない場所では
命の危機が高まる。

保険がきかないと
それなりにお金がかかる。

実際にモンゴルの人が北京にいて
双子を授かったために24週で日本に来て
うちの病院で出産したが
赤ちゃんは重症でNICUに入った。

保険がきかなかったため
出産から退院まで
4000万円くらいかかった。

■おわりに

妊娠中の海外旅行等で保険がきかないと
値段が跳ね上がるのは凄い。
特に2017年現在は
海外はちょっと物騒な状況ですしね。

ちなみに相武紗季は2017年9月に
妊娠中に「たまごクラブ」のインタビューに答えています。

インタビューで読み聞かせをしていたと
答えていますが妊娠中の
読み聞かせの動画はこちら。

妊娠中は旅行よりも
読み聞かせをしていたのかも…?
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA