三竹映子アナウンサーは現在アムリタ映蓮となってカウンセラーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元フジテレビアナウンサーの三竹映子
現在はアムリタ映蓮という名前で
スピリチュアルな活動をしていました。

今回はそんなアムリタ映蓮こと
三竹映子アナウンサーの
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■三竹映子アナウンサーについて

名前:三竹映子(みたけ えいこ)
本名:早川映子(はやかわ えいこ)
生年月日:1961年4月26日
出身:東京都大田区

三竹映子は1984年に上智大学を卒業し、
フジテレビに入社。

その後は報道記者や
番組ディレクターとして
活動をしていましたが
その後に退社をしています。

そうして現在はアムリタ映蓮という名前で
AFPというものの認定ティーチャーとなり
様々な活動をしています。

■三竹映子がアムリタ映蓮になったワケ

三竹映子が「気功」など
生命エネルギーに興味を持ったのは
フジテレビアナウンサー時代に

芸能人などの取材や
ドキュメンタリーを通して
人の生きざまや在り方に
数多く触れたため。

その後過労により腰痛を
発症してしまいますが
それを気功で治した結果、
ますますその道を探求する傾向に。

三竹映子はフジテレビを退社後には
アメリカに渡り、元獣医の
マイケル・マススの
ヒーリングスクールを卒業。

2000年頃には英会話と
ヒーリングをミックスさせ
中高年の女性らと
生きる喜びを分かち合います。

そして精神世界関連の本を通訳、翻訳。
ニール・ドナルド・ウォルシュの
「神との対話」を翻訳し、

ニール・ドナルド・ウォルシュの元で
内なる対話を目指す
CWGワークショップ・ファシリテーターと
認定されます。
 

【スポンサーリンク】

 


■アムリタ映蓮としての活動

アムリタ映蓮となった三竹映子は
女性がその人らしく
開花することを促すために
44のエクササイズ、そして
女性のための瞑想から成り立つAFP
(Art of Femimine Presence)の

日本人初の認定ティーチャーに
2012年になり
創始者以外では世界初となる
AFPティーチャートレーナーにへ。

2016年秋からは日本における
ティーチャートレーニングを
開始しています。

■おわりに

三竹映子ことアムリタ映蓮は
AFP関連の日本での第一人者。

その他にもオリジナル英会話学習法や
スピリチュアル英会話を主宰するなど
その方面ではまさに
最前線の人物ですね。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください