朝丘雪路が現在アルツハイマー型認知症でなくなっていた。津川雅彦に心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

津川雅彦とおしどり夫婦として
知られる女優の朝丘雪路
2018年4月にアルツハイマー型認知症により
すでになくなっていたことが
2018年5月現在明らかになりました。

確かに朝丘雪路には以前から
老人性うつ病であるなど
報じられていましたが…

旦那の津川雅彦は2017年11月には
入院をしたことが報じられており
その面でも心配の声が。

今回は朝丘雪路が
現在なくなったこと、
津川雅彦の入院や退院などについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■朝丘雪路が現在なくなっていた

朝丘雪路は2014年4月9日から
13日にかけて行われた、

旦那の津川雅彦と
娘の家族共演である舞台
「花や…蝶や…」を最後に
芸能活動を休止。

2013年の秋ごろから
朝丘雪路が老人性うつ病の症状が
出始め、その頃は悪化をしていると
一部で報じられていました。

そして2018年5月19日に
朝丘雪路がアルツハイマー型
認知症により2018年4月27日に
なくなっていたことが報じられました。

芸能活動を休止していたときには
老人性うつ病と報じられていましたが
アルツハイマー型認知症は
症状が似ているため

休止時から朝丘雪路は
アルツハイマー型認知症
だったのでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

■旦那の津川雅彦も入院や手術を…

朝丘雪路の旦那である津川雅彦は
現在からおよそ40年前には
両肺に巨大嚢が出来て
片方を除去する手術を受け、
片方は難しい手術であったため見送り。

そのように呼吸器系に
不安を抱えたまま
活動をていましたが津川益子は
2009年に「旭山動物園物語
ペンギンが空を飛ぶ」という
作品の撮影中に肺炎を発症。

2009年1月11日に気胸のため入院。
2009年1月23日に手術、
2009年2月6日に退院、
2009年2月7日に仕事に復帰。

2017年11月には
2017年10月末に
再び肺炎にかかって入院し、
報じられた時点ですでに
退院をしたことが報じられました。

津川雅彦は2014年時点では
入院や退院について以下のように
インタビューで語っています。

「16回入院して11回手術」
「心筋梗塞にも3回なっています」

「毎日生きていることに
感謝する段階にきました」

そして津川雅彦は
2018年3月26日には
「徹子の部屋」に出演。

この時点では現在は退院してから
酸素吸入器が欠かせないこと、
今までに18回の入院と
13回の手術を繰り返したことを
明かしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

津川雅彦は前述の徹子の部屋に出演時、
自分の入院のことは
嫁の朝丘雪路にも娘の真由子にも
伝えていなかったこと、

その理由はどうなの?と聞かれるのが
面倒だったからと明かしています。

しかし実際のところは
朝丘雪路がアルツハイマー型認知症であり
心配をかけたくなかった、
という面が強いのかもしれません。

津川雅彦と朝丘雪路は一時期
別居をしていたものの2014年頃に
別居を解消したと言われています。

それはちょうど朝丘雪路が
芸能活動を休止した頃。

朝丘雪路がなくなった事が
報じられたときには
朝丘雪路の事を津川雅彦が
献身的に介護をしていたと
されていますし

津川雅彦は朝丘雪路を
支えるために別居を解消し
それ以降はずっと献身的に
朝丘雪路を支えていたのでしょうか。
津川雅彦が心身ともに心配…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください