阿蘇山噴火で阿曽山大噴火(芸人)の名義が心配される

噴火警戒レベルが2に
引き上げられたばかりの阿蘇山が噴火。
この阿蘇山噴火により、
裁判傍聴芸人である阿曽山大噴火の
名義についても心配の声が…。

更にそのことについて
阿曽山大噴火本人もツイート。

今回は阿蘇山噴火についてと
裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火の
反応などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■阿蘇山の2019年の噴火警戒レベル

阿蘇山の噴火警戒レベルは
頻繁に情報が出ており、
2018年10月18日にはレベル1。

その後の阿蘇山の
噴火警戒レベルについては
主に以下の通りとなっています。

■2019年2月1日
噴火警戒レベル1。
火山ガスの放出量増加。

■2019年2月2日
噴火警戒レベル1。
火山ガスの放出量減少。

■2019年2月5日。
噴火警戒レベル1。
火山性微動の振幅が大きく。

■2019年3月12日
噴火警戒レベル2。
火山性微動が3月11日から大きく。

火山ガスの放出量が急増。
火口から1kmの範囲は
噴石及び火砕流に警戒。

■2019年3月15日
噴火警戒レベル2。
小規模な噴火の可能性。

■2019年3月29日
噴火警戒レベル1。

■2019年4月12日
噴火警戒レベル1。
火山ガスが急増。
今後の情報に注意。

■2019年4月14日
噴火警戒レベル2。
小規模な噴火の可能性。

そして阿蘇山の噴火警戒レベルが
2に引き上げられてから2日、
2019年4月16日の18:28頃に
小規模な噴火が発生しました。
 

【スポンサーリンク】

 

■阿蘇山噴火の動画等

阿蘇山噴火については
阿蘇山の博物館屋上からの
ライブカメラなどが存在しており
基本的にはリアルタイムで
見ることが出来ます。

他の角度からのカメラなどは
こちらからも見ることが
可能となっています。

■阿曽山大噴火の反応

阿蘇山が噴火したことにより、
裁判傍聴芸人である
阿曽山大噴火もこのことについて
反応をしツイート。

ちなみに阿蘇山は「あそさん」に対し
阿曽山大噴火は「あそざん」
という読み方に一応なっています。

基本的に阿曽山大噴火は
阿蘇山だけに限らず、
火山が噴火した際には
阿曽山大噴火ではなく
「阿曽さん」「阿曽ちゃん」など
名義が一時的に変わることが。

この名義の変更は
阿曽山大噴火の意思ではなく
放送上の配慮であると見られます。

下記ツイートを見ると
本人が名義を変えている
というわけではなさそうなので。

ちなみにこれは2015年5月以降に
箱根山・大涌谷火山活動活発化に
伴ったものの影響と
その収束の結果と見られています。

大涌谷は2015年6月に噴火警戒レベルが
3に引き上げられていましたが
2015年9月11日に2に引き下げられました。

■おわりに

阿蘇山の噴火により、
名前の読み方にある程度の
類似性が見られる阿曽山大噴火は
やはり名義が本人の意思とは関係なく
暫くの期間は変わってしまうのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください