メンタリストDaiGoが激怒。京アニ実名報道でテレビに出ない覚悟

メンタリストDaiGoが激怒。
京アニ実名報道にておよそ30分に渡り
動画にて激怒をぶつけています。

メンタリストDaiGoが
激怒をした動画ではNHKには
1000万円積まれても出ないと語っていますが
実名報道をしたのが問題であるため
NHK以外の民放などにも
出ないものと思われます。

今回はメンタリストDaiGoの
激怒についてみてみましょう。


 

 

■メンタリストDaiGoが動画で…

メンタリストDaiGoの激怒理由は
2019年8月27日に京アニ等の意向と違い
全員の実名が公表されたため。

このことについては京アニの
代理人弁護士である桶田大介も
ツイッターにて苦言を呈しています。

そのような背景があり、
メンタリストDaiGoが激怒。
2019年8月27日の生放送にて
動画で激怒をしています。

京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】

メンタリストDaiGoは上記動画にて
遺族の心を無視するかのような
報道姿勢に激怒をしています。
特にメンタリストDaiGoが
激怒をしていたのがNHK。

京都府警が実名公表をした理由は
「社会的な関心が高い」
「事件の重大性や公益性などから
情報提供をすることが良いと判断した」
などといった理由。

特にNHKに対しては実名報道について
以下のような発表があったので激怒。

NHKは、事件の重大性や
命の重さを正確に伝え社会の教訓とするため、
被害者の方の実名を報道することが
必要だと考えています。

そのうえで、遺族の方の思いに
十分配慮をして取材と放送にあたっていきます。

 

 

■メンタリストDaiGoの動画内での激怒

メンタリストDaiGoが
激怒した理由については
自分と重なることがあるため。

母親をがんでなくしており、
あの時に自分が助けられたのでは、という
後悔がずっとあったため。

メンタリストDaiGoの母親は
先端医療を出来れば
助けられたかもしれないという、
しても仕方ない(あくまでも本人の考えでは)
後悔に苛まれているとしています。

そのような後悔をしているため
メンタリストDaiGoは大事な人との
思い出を踏みにじることについては敏感。

もしメンタリストDaiGoの母親が
がんではなく理不尽になくなってしまったとし、
その事を聞きたがるような記者が
大量に集まってきたら
2回大事な人をなくしてしまうと想像し
被害者の家族の立場を慮り激怒。

また、メンタリストDaiGoは動画内にて
以下のようにコメント。

被害者家族に記者が渡した名刺を
出してもらえたら代わりに叩く。

ただしこれについては
リスクがある点の配慮がなかったとし
感情的になりすぎたと謝罪。
 

 

■おわりに

メンタリストDaiGoの
実名公表での激怒は当然のもの。
このことでNHKだけではなく
テレビに出られなくなっても良いと発言。

あくまでもNHKについて語ったのは
激怒をした動画時点で
メンタリストDaiGoが
確認できていたのがNHK等であっただけ。

今回の実名公表でなんだかなぁと思ったのが、
被害者の父親が「名前を残して欲しい、
私と私の家族ができるのは
頑張っていたことを
忘れられないように伝えること」
などと明かしたケースを報じたこと。

そして「実名公表拒否」とされた家族が
否定をしているなどとも報じられたこと。

家族も一枚岩ではありませんし、
同じ家族でも実名公表して欲しい人もいれば
してほしくはない人もいます。

「明確に家族全員が公表を望んでいる」
人だけ実名公表で後は伏せていても良いような。
それこそ実名公表されなければ
本当に世の中から忘れられてしまって
それが悲しいと思う人もいるでしょうし。

そもそも本当にそっとして欲しい家族は
実名公表云々以前に
取材は一切拒否するでしょうし、
どのような考えかわからなそうです。
(そういう場合は実名も
公表して欲しくないでしょうけれど)

個人的には実名公表は構わないけれども
それに伴う過度な取材が嫌な家族が
ほとんどな気はします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました