伊達公子の引退理由は怪我前とのギャップ。離婚しパン屋はどうなるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女子テニスの伊達公子が自らの公式ブログで
2017年9月11で引退することを
発表しました。

引退理由としては怪我から復帰し
コートに立てるレベルにはなったものの
怪我前のレベルとはやはり
ギャップがあるためなどとしています。

今回は伊達公子の引退についてと
伊達公子の離婚と開業した
パン屋についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■伊達公子の引退

伊達公子が引退を表明したのは
公式ブログ、2017年8月28日15:00の
「決断」というタイトルの記事でのこと。

2008年4月に再チャレンジをして
2016年2月には左膝の手術をしましたが
復帰するには再手術が
必要であることを明かし、

またスポーツを生涯続けることが
難しいレベルであることも
告げられたとの事。

2017年4月には膝の軟骨移植手術をして
2017年5月には復帰をしたものの
勝負をするよりも
毎日の体調を気遣いながらの練習になり

現在は膝や肩の調子が悪く
トレーニングの内容を変更することが
よく起きてしまい歯痒い気持ちに。

膝の手術とリハビリを乗り越え
コートに立てるレベルにまでは
回復したものの
怪我前のレベルには及ばず。

また、フィジカル的にも追い込めず
フルスケジュールで戦い続けることが
現実的に厳しいのが
引退理由だとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■伊達公子とミハエル・クルムの離婚

伊達公子とミハエル・クルムは
2016年9月26日に離婚。
現在も関係は良好であり、
円満離婚であるとしています。

実際に離婚した後も
伊達公子のマンションから
ミハエル・クルムが出てきた姿が

目撃されたりと
離婚をしたと言っても
仲が良いのは本当のようです。

■パン屋はクルム夫人という意味

伊達公子は2016年8月4日、恵比寿に
ベーカリーストア
「FRAU KRUMM」をオープン。
クルム夫人という意味で、場所はコチラ。

ちなみに営業時間は7:30-18:00と
ドイツのパン屋にならって
焼きたてを提供するために
こだわっています。

伊達公子はテニスを1度20代で引退しており
いつかはカフェをしたいという
気持ちがありました。

円満離婚したミハエル・クルムは
ドイツ出身であり、
ドイツのパンには思い入れがあるため
その強い後押しで
伊達公子はパン屋を開始。

実際に伊達公子のパン屋フラウクルムは
ドイツ産のビオ小麦やライ麦を使用して
ドイツのパンを提供しています。

ミハエル・クルムがパン屋に
アドバイスをしたこともあり、今後も
フラウクルムというパン屋の名前を
変える予定はないようです。

■おわりに

伊達公子は怪我で思うような
パフォーマンスを発揮できないなどの理由で
2017年9月11日の大会を最後に
引退するとしています。

引退会見があるとのことですが、
引退後はパン屋に力を入れるのか
後進の育成などに携わるのかが気になる所。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.