堂本剛が病気・突発性難聴で入院してたが退院へ!しかし完治はせず通院に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

堂本剛が突発性難聴という病気で
一週間の入院を研ぎなくされて一週間。

現在は無事に退院したことが明かされておりますが
突発性難聴が完治というわけではなく
通院治療に切り替えたとの事。、

今回は堂本剛の入院と退院について
突発性難聴という病気の今後についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■堂本剛の入院

堂本剛が突発性難聴という病気で
入院をしたのが明らかになったのは
2017年6月28日の生放送番組「テレ東音楽祭2017」でのこと。

堂本光一が一人で出演しており
番組時の序盤に堂本剛が
突発性難聴という病気になったこと。

元気ではあるものの歌うのもままらない状況なので
大事を取って一週間入院を
することにしたと明かしています。

堂本剛は2017年6月20日ごろから
左耳の調子が悪いとして通院。
2017年6月27日から一週間程度を
予定として入院をしていたとの事です。

■突発性難聴という病気

堂本剛がかかった突発性難聴という病気は
一般的には片方の耳が
突然聞こえなくなる病気。

完治するのが3割で完治すれば再発はないものの
耳鳴りのような後遺症が残ってしまうケースも。

原因としては疲労やストレスではないかとされており
具体的な予防法はないため
ストレスを溜めない生活を心がけるしか無いようです。

また、浜崎あゆみや
スガシカオ、サカナクションの山口一郎など
多くの有名人が突発性難聴という病気を
発症しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■堂本剛は退院したものの突発性難病は完治しておらず

2017年6月27日(火)に入院をした堂本剛は
2017年7月4日(火)に退院をしています。
予定通り一週間の入院だったということに。

堂本剛は退院はしたものの
まだ完治はしておらず
今後は通院治療に切り替え。

仕事復帰は医師と相談して決めるとのことで
すぐに仕事復帰とはいかないよう。
とはいえKinki Kidsは2017年7月21日が
デビュー20年の記念日。

2017年7月15日と16日には
横浜スタジアムでデビュー20周年の
イベントが予定されているためこちらは出演の方向。

■おわりに

堂本剛はデビュー20周年記念日に放送されるドラマ
「ぼくらの勇気 未満都市2017」の撮影は
まだ終わっていないようです。

20周年企画で20周年当日放送で
ただでさえ注目度が高いドラマですが
芸能界を引退したものの17年ぶりに
1作限り復帰の小原裕貴も登場で更に注目度がアップ。

Kinki Kidsの記念すべき20周年に
貢献できたらと思っての復帰なので
堂本剛もその思いを無碍には出来ない、ということで
ドラマの撮影は強行しそうな予感が…。

しかし堂本剛は突発性難聴という病気が完治していないわけで、
その状態で撮影を強行して
病気が悪化してしまったらと思うと…。

多くの人が20周年記念イベントに
関わっていて予定を動かすと損失が大きいとは思いますが

損失を回避したいと思うせいで
堂本剛の病気を悪化させては元も子もない。
個人的にはせめてデビュー当日に放送ではなく
2017年中に放送としても良い気がします。

2017年7月16日追記

堂本剛が突発性難聴の病状について
2017年7月15日にラジオで語りました。

入院中は4時間ほど点滴を受け、鼓膜に注射をされ
耳鳴りが酷く、ライブや爆音には今は耐えられないとのこと。

また、2017年15日、16日の
20周年記念公演では中継のみで出演となっています。

追記終わり
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA