エヴァンス未希は英語が得意なハーフ風タレント!ゴッドタンで爪痕を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語が得意で芸名がエヴァンス未希
一見するとまるでハーフタレント。
しかし純日本人であると明かしており
エヴァンスも本名ではないという。

今回はそんなエヴァンス未希が
なぜ英語が堪能なのかについてと
ハーフ風タレントに
なった理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■エヴァンス未希について

名前:エヴァンス未希(エヴァンス みき)
本名:小野未希(おの みき)
生年月日:1996年4月16日
出身:神奈川県

エヴァンス未希は本名は非公開ながらも
日本人であることを明かし、
ハーフ「風」タレントであるとしています。
意外とそんなキャラ付けは新しい。

2017年11月26日追記

2017年11月25日放送の
「有吉反省会」にて
本名が小野未希であることを
明かしました。

追記おわり

もともと大学で勉強を
したいことがなかったエヴァンス未希は
洋楽や海外ドラマが好きだったので
高校卒業後には英語を勉強するために留学。

名前のエヴァンスも海外ドラマ「glee」の
サム・エヴァンスが由来。
本名とは全く関係が無い。

エヴァンス未希は子供の頃から
顔立ちが割りと濃く
水泳をして日焼けをしていたこともあり
ハワイや沖縄出身だと
勘違いされることも頻繁にあったそう。

ちなみに特技は
「すぐに外国人と仲良くなれる」
「海外ドラマ風話し方」
「外国人が話すときのリアクション」
などです。

そして2016年8月に帰国をし
エヴァンス未希という芸名では初めて
2017年6月にゴッドタンに出演。

このときはアイドルと芸人が
喧嘩をし、最高潮に達したら
ボタンを押してダンスを踊るという
「ケンカ&ダンスGP」の企画で

小木博明とエヴァンス未希が
ペアを組んで見事に優勝。

そして2017年9月24日にも
ゴッドタンに再び登場。

このときは小池美由と黒沢かずこを
友達にさせる企画から派生し、
2人の中に入ることの出来る
友人を作ることに。

そのなかの一人として
エヴァンス未希が登場しますが
小池美由と黒沢かずこからは不評で
友達不成立判定を
受けてしまっていました。
 

【スポンサーリンク】

 


■エヴァンス未希がハーフ風タレントになった理由

エヴァンス未希は留学から帰ってきても
英語が話せる友人と
英語で会話をする機会が多く、
むしろ日本語での敬語には自信がありません。

そのためゴッドタン等で見せた
英語を頻繁に使う喋り方は
キャラ作りではなくほぼ素のまま。

また、ハーフ風タレントとすることで
日本人に海外に目を向けてほしく、
そしてもっとフレンドリーに
なって欲しいという考えがあるようです。

そのためにエヴァンス未希は
自ら英語を交えた独特な喋り方、
オープンマインドの精神で
芸能活動をしているとのこと。

■おわりに

そんなエヴァンス未希ですが
実は以前はダンス&ボーカルグループの
姫caratのMIKIとして活動をしていました。

その時のことについては
エヴァンス未希本人も
ツイッターで語っています。

ちなみにエヴァンス未希のツイートでは
2014年9月となっていますが
当時の記事を見る限り
2013年9月が恐らく正しいと思われます。

MIKIとしてのツイッターにも
エヴァンス未希へのアカウントへの
誘導が見られるので

脱退の時期は1年ズレていますが
姫caratのMIKIということで
間違いはなさそう。

そう考えると2013年9月から
2017年2月までの3年と3ヶ月ほど
芸能活動を自粛し謹慎していたという事に。

また、高校卒業時に
1年留学をしたとのことなので
時期液にはエヴァンス未希の英語力は
脱退後に鍛えられた事になるよう。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください