EXIT兼近が謝罪をツイッターで。CMは非公開おはスタ出演見合わせ

EXIT兼近大樹の逮捕歴について
文春が報じたことに関して
EXIT兼近大樹本人が逮捕歴について謝罪。

また、この逮捕歴報道の影響か
現在の所EXITが出演をしている
任天堂のCMは非公開。
おはスタは出演を見合わせとなっています。

今回はEXIT兼近大樹のツイッターでの謝罪と
逮捕歴報道の影響についてみてみましょう。


 

 

■EXIT兼近大樹の謝罪

EXIT兼近大樹は2011年11月に
北海道で逮捕歴があったことを
2019年9月4日に文春にて報じられました。

この事についてEXIT兼近大樹は
ツイッターにて謝罪コメントを掲載。

EXIT兼近大樹の謝罪は
主に以下のようなものになっています。

「ご迷惑をおかけしてしまい
本当申し訳ないです」
「今夏に事改めて自らの過去と
しっかりと向き合おうと思いました」

「過去の法律違反を美談にする気も
肯定する気もありません」
「この件は被害者が居なかったかもしれませんが
保に裁かれずとも俺は沢山の人に
迷惑をかけたり傷つけて
しまったりして生きて来ました」

「今回の未成年時の罪を
報道されてしまった事に関しては
自分のしたことなので、
ルールはどうあれ受け入れます」
「むしろ世に事実を伝えられたので
多少の感謝もあります」

EXIT兼近大樹は主に上記のように
謝罪をツイッターでコメントしており
事実ではないことも含まれるので
文春を買って内容を
ちゃんと読んでね、ともコメント。

また、EXIT兼近大樹が逮捕歴について
何が本当で何が違うのかを
何かしらの媒体でいずれ話したい
とも明かしています。
 

 

■逮捕歴報道の影響

EXIT兼近大樹の逮捕歴報道では
多少なりとも本業に影響が出ています。

実際に2019年4月1日から
月曜レギュラーになっていた
テレビ東京「おはスタ」は
子供向けバラエティー番組であることからか
「総合的に判断した結果
出演を見合わせ」とのこと。

また、2019年7月からEXITは
バンダイナムコエンターテインメントの
「釣りスピリッツ」のCMに出演。
しかし2019年9月5日にはCMは非公開に。

ただし少なくとも現在の所
深夜バラエティ「ゴッドタン」は
出演を見合わせていないとのこと。
このあたりは視聴者層の違いでしょうか。

あくまでも現在は
まだ発表していないだけで
今後EXIT兼近大樹の扱いが
どうなるかはわかりませんが…。
 

 

■謝罪文についての疑問点

吉本興業が文春に抗議をし
EXIT兼近大樹の謝罪にて
「未成年時の罪」としているのが
個人的に気になりました。

なぜならEXIT兼近大樹は誕生日が
公式プロフィールによると1991年5月。
逮捕容疑が2011年4月(19歳)、
逮捕されたのが2011年11月(20歳)。

そのため逮捕容疑は
未成年時のものであるものの
逮捕された時は成人であったということに。
この場合は未成年扱いなのか、
成人扱いなのか。

そして実際に調べてみた所、
成人かどうかは「犯罪行為等を行った時点ではなく,
少年審判で処遇が決定した時点を基準」
であると記述がされています。

引用:弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

つまりEXIT兼近大樹の場合は
逮捕されたのが2011年11月なので
成人という扱いになるとのこと。
他のケースを見ても逮捕時の年齢で
判断されるといった見方でした。

ではそうすると吉本の言い分の
「未成年時」というのは
事実としてはそうですけれども
少年法の適用外ということになります。

実は公称プロフィールの誕生日が
違うとかならまだわかりませんけれど。

■おわりに

しかし実際罪と罰の
バランスは難しいですね。
厳しくしすぎると更生しても
再チャレンジ出来る場所がなく
再びそのような行為に手を染めなければ
生きていけないかもしれません。

とはいえ芸能界はイメージ商売で
CMなどがつく関係上、
他の職業よりも特別そのあたりは
厳しくならざるを得ない気もします。

ただし最初からそのような過去を
明かしている戦慄かなのは
受け入れられているので

やはり途中でイメージと違う過去が発覚すると
大きな反応が出るのは仕方ないというか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました