藤崎奈々子が病気、チョコレート嚢胞での手術と入院を語る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

過去に二度のチョコレート嚢胞
という病気で入院をして
手術をした藤崎奈々子

現在は手術からは
2年以上経っていますが
その時のチョコレート嚢胞という
病気についてと手術と
その後の現在について語りました。

今回は藤崎奈々子の病気と
手術などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■藤崎奈々子の病気

藤崎奈々子は2012年頃に
人間ドックを受け、
チョコレート嚢胞があることが発覚。

チョコレート嚢胞は
卵巣の内部に嚢胞が出来てしまい
その中に血液などが溜まって大きくなり
月経痛や不妊になり、
最悪の場合は悪性化もする病気。

しかしその時は小さかったため、
定期的に検査すれば
大丈夫だと言われたことで

藤崎奈々子は
そこまで重篤な病気じゃないと
油断をしてしまいます。

しかし2015年2月、沖縄ロケの最中に
命の危険を感じるほどの腹痛に見舞われ
その場はなんとか痛み止め等を使って
ロケをやりきり、

飛行機で羽田空港に戻り救急病院へ。
その場で虫垂炎や盲腸の
可能性があるとして
2015年2月13日にはそのまま入院。

翌日に婦人科系の病気の経験を聞かれ
藤崎奈々子は
チョコレート嚢胞であることを
明かすと婦人科で検査。

そして正式に藤崎奈々子は
チョコレート嚢胞という病気であり
現在は既に手術が
必要な状態だと宣告されます。
 

【スポンサーリンク】

 

■藤崎奈々子の病気の手術

藤崎奈々子は2015年2月時点では
2015年2月17日には退院をして
愛猫のラムネに会えて幸せだと
ブログでコメントしています。

そのため藤崎奈々子が
病気のチョコレート嚢胞を手術したのは
それから暫く経ってからの
2015年5月の事。

藤崎奈々子は2015年5月28日には
入院したことをブログで明かし
2リットルの下剤を飲んでいて
それがなかなかに辛かったと述懐。

ちなみに下剤を飲んだ理由は
卵巣が腸と癒着している
恐れがあったため。

もし癒着がひどかった場合は
腸ごと切除する必要があり、
一時的に人工肛門になる
恐れもあったとの事。

藤崎奈々子はそれでも
病気のあの痛みが
来るよりはマシだとして
手術を受けることにしました。

実際のところ腸にはそこまで
癒着していなかったため
チョコレート嚢胞の摘出は無事完了。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

藤崎奈々子の手術をした病気、
チョコレート嚢胞は再発しやすい病気。
そのため現在も再発防止のために

藤崎奈々子は自らの意志で
朝晩薬を飲んでおり
これからもずっと服薬は続けるとの事。

藤崎奈々子には現在
事実婚状態の彼氏がおり
子供が欲しくなったら結婚しようと
約束をしていると語ってもいました。

チョコレート嚢胞は
妊娠が1番の治療とも言われており
病気の再発防止の意味でも

本人の幸せ的な意味でも
藤崎奈々子が結婚をすれば
二重の意味でファンも安心に…?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください