古市憲寿、結婚観が独特で新連載も。ツイッターでも言及しまくり

芥川賞の候補ともなった古市憲寿
歯に衣着せぬ物言いと
独自の視点でしばしば炎上をしますが
結婚観もなかなかに独特。

ツイッターでも結婚については
しょっちゅう言及をしますが
結婚観にまつわる新連載も。

今回は古市憲寿の2019年時点での
結婚観についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■古市憲寿の結婚観

古市憲寿の結婚観は独特。
そもそも彼女に求める条件が
「スペック」であり、
仕事や年収を気にするとの事。

その流れで古市憲寿は結婚観について
以下のように言及をしています。

「ボクはメリットの
ある人としか付き合わない」

「結婚はステージがあがる
ビッグチャンス」
「だから、家柄がよくて
お金持ちな女性としかしない」

そのような結婚観のある
古市憲寿ですので
彼女ができたときのエピソードも
なかなかに独特なもの。

古市憲寿は彼女が
いたことはあったものの
彼女と行為をすることも
「汚いと感じてしまう」
ためにそのような行為はせず。

キスについても
「唾液の交換があまり好きじゃない」
などと消極的です。
 

【スポンサーリンク】

 

■結婚を嫌がる古市憲寿

古市憲寿は結婚観について
多くのバラエティ番組で語っています。

2017年12月7日の
「橋下徹の即リプ!」や
2018年9月2日の
「行列のできる法律相談所」
などでも結婚観に言及。

古市憲寿が語った
結婚観については以下のようなもの。

「人生100年と言われてる」
「結婚1回だけって無理」
「離婚するのが当たり前
なんじゃないですか」

「気持ち悪くないですか?」
「同じ人を70年とか愛し続けるって」

「結婚したら別の部屋がいい」
「さすがに玄関はわけたい」
「家に帰った時に誰かいるって
気持ち悪くないですか?」

様々な番組で結婚観について
古市憲寿は語っていますが
少なくとも結婚観に
ついてはぶれない姿勢。
 

【スポンサーリンク】

 

■新連載「結婚の正体をさがして」

そんな古市憲寿が2019年1月から
女性誌「with」にて新連載。

結婚に一家言を持つ組織や
専門家に取材するという
本当に古市憲寿で
良かったのかというもの。

この新連載でも古市憲寿は
早速結婚について
否定的な言動をしています。

「最近は結婚式を挙げない
カップルも増えてますよね」
「どうせ離婚するならお金のムダというか」

「毎日チョコレートを食べても
文句を言わなくて、
できれば結婚後も
別居生活を許してくれる
人じゃないと無理」

「我慢して結婚する意味なんてない」

ちなみに意外にも古市憲寿は
以下のように結婚式は
挙げたいと明かしてもいます。

「僕はパーティーが好き」
「結婚はしたくないけど
結婚式は挙げたい」

ちなみにこのことについては
前々からツイッターでも
言及をしています。

 

【スポンサーリンク】

 

■ツイッターで結婚についても

古市憲寿はツイッターでも
結婚について以下のように
言及をしています。

古市憲寿はその結婚観について
注目されてきたのは
比較的最近ですが
実はずっと前から一貫して
同じことを主張しているんですよね。

古市憲寿はよく炎上を
してしまうので逆張りなのではとも
言われてしまいがちですが
少なくとも結婚観については
ぶれていません。

■おわりに

ちなみに古市憲寿は寝る前に
「イマジナリーフレンド」と
喋っていることを2018年5月20日の
「ワイドナショー」で明かしています。

更に一人ではなく、
頭の中に何人もいることも発覚。

親交のある千秋も古市憲寿の
イマジナリーフレンドについて
存在は知っており、
名前もあることを暴露。

そもそも古市憲寿は
肉体的な接触は
好き好んでいなさそうですし
そうなると一人で寂しかったとしても
イマジナリーフレンドがいれば
特に問題はないのかもしれません。

私も古市憲寿ほどではありませんが
自分のテリトリーには
たとえどれだけ親しくても
入ってきてほしくない
というのはありますし。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください