濱田祐太郎はほぼ盲目の芸人でR-1優勝!ネタ動画もユーチューブに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ほぼ盲目の芸人、濱田祐太郎が
R-1ぐらんぷり2018で優勝し
見事に日本一に輝きました。

「盲目あるある」の自虐を交えた
バリアフリー漫談のネタなども
ユーチューブに存在しています。

今回はそんなほぼ盲目の芸人、
濱田祐太郎のプロフィールや
ネタ動画についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■濱田祐太郎のプロフィール

名前:濱田祐太郎(はまだ ゆうたろう)
生年月日:1989年9月8日
出身:兵庫県神戸市

濱田祐太郎は先天性緑内障で
生まれつきほぼ盲目。

小学生の頃から
お笑いが好きであり、
中学の時に外で走ることは
難しいと感じ、
将来は芸人になりたいと思うように。

小学校中学校は一般的な学校に通い
卒業してからは濱田祐太郎は
特別支援学校に通って

18歳の時に
あんまマッサージ指圧師の資格、
21歳の時に針とお灸の資格を取得。

そして卒業後の2012年に
吉本芸能総合学院(NSC)の
35期生となります。

2012年にR-1ぐらんぷりに初出場で
準決勝まで進出をし
2017年10月には
NHK新人お笑い大賞の決勝へ。

そして2018年3月に
見事R-1ぐらんぷりで
優勝を成し遂げました。

ちなみに濱田祐太郎は
2013年6月28日放送の
NHK Eテレ「バリバラ」に出演。
放送時のテーマは「笑い」

サブタイトルは
「障害と笑い バリバラ芸人大集合!」

濱田祐太郎は漫談専門、
しかも人生初の生放送で
1発ギャグやショートコントを
してほしいと言われたため
ズルズルに滑ったとも語っていたり。
 

【スポンサーリンク】

 

■濱田祐太郎の盲目について

濱田祐太郎の盲目具合は
前述のように先天性緑内障であり
左目は見えず、
右目は明暗を感じられる程度の弱視。

濱田祐太郎は中学生頃から
芸人になりたいと思っており、

特別支援学校に行ったのも
芸人として失敗しても
マッサージ師があるから!と
親を納得させる材料をちゃんと
用意していたという。

また、他の障がいをもった人を
勇気づけるとかそういう思いは
特に無いと語っています。

■濱田祐太郎のネタはユーチューブでも

濱田祐太郎のネタは
ユーチューブにも
以下のように公式チャンネルにて
公開されています。

濱田祐太郎の主なネタは
「盲目あるある」を自虐を交え
笑いを取っています。
また、以下のようなネタもあります。

「母親が大事なポイントで
ジェスチャーをしてきた」

「自動販売機は神頼みしか無い」
「冷たいコーヒーを
飲みたかったけど
温かいのが出てきて」
「飲んだらおしるこだった」

「友人から運転するの?と
聞かれた。あるわけないやろ!」

 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

濱田祐太郎が優勝した、
R-1ぐらんぷりは大会史上最多の
3795人がエントリーして
その頂点に立ったということに。

濱田祐太郎はR-1ぐらんぷりに
アマチュアの頃から出演をしており
今回で7回めの挑戦。
思い入れのある大会で優勝をした
濱田祐太郎。

R-1ぐらんぷりのナレーションを
担当する山寺宏一も
濱田祐太郎をイチオシしてましたし
これから先、濱田祐太郎は
よく見かけることになりそうです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください