波田陽区は現在福岡を拠点に活動。「残念」の秘密も明かし水谷隼特需も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

芸能人を弄った後、最後に残念!と
斬るギター侍として人気であった波田陽区

現在は福岡を中心にして活動をしています。
水谷隼がリオオリンピックで

日本人として初となる
卓球シングルスメダリストと
なった時には
容姿が似ているという理由で
一気に仕事量が5倍に。

今回はそんな波田陽区が
福岡に拠点を移した現在について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■波田陽区は現在福岡を拠点に

波田陽区が活動の拠点を
福岡に移したのは2016年4月。

理由としては2007年に結婚した
大学時代の知り合いであった
嫁との間の子供が2009年に生まれ、
小学校に上がるタイミングであったため。

波田陽区も当時40歳、
現在の環境を変えようと思い
このタイミングしかないとして
波田陽区の所属事務所の九州支部がある
福岡に拠点を変えました。

2016年6月には福岡空港国際線ターミナルで
海外Wi-Fiレンタルサービスの
宣伝部長として週に2-3回
カウンター業務をしながら

お笑い芸人としても
活動をしていることが明かされています。

■波田陽区はYoutubeを少しだけしていた。

ちなみに波田陽区の
試行錯誤が見られるのがYoutube。

2014年9月ごろから
「こんなところにフェニックス」
として謎な動画を
アップロードしていました。

とはいえ再生数も
あまり伸びなかったためか
2015年9月7日の投稿を最後に
現在は投稿をしていません。

ちなみに2017年11月14日現在の評価は
高い評価193、低い評価2694で泣ける。
 

【スポンサーリンク】

 


■波田陽区の「残念!」の秘密

波田陽区は2017年11月14日に
産経新聞にて「残念!」が
出来た秘密を明かしています。

芸能人や有名人を
「アンタ、○○と言うじゃなーい」
「でもアンタ、△△ですから!残念!」
というギター侍のネタですが

当初は「言うじゃないーい」は
単にやわらかく「言うじゃない?」
と言うつもりでした。

しかし緊張のあまりオネエ口調の
「言うじゃな~い」となり、
小さな声で「残念」と締めるつもりが
やはり緊張のせいで大声で「残念!」と。

そうして波田陽区の意図しない、
偶然の産物でネタが受けて
一発を当てたと語っています。

参考:産経新聞

■波田陽区は水谷隼特需も

そうして福岡に拠点を移した
波田陽区ですが
その年、2016年夏のリオオリンピックでは
卓球の水谷隼選手が日本人初の
シングルスメダリストとなり大きく話題に。

波田陽区も水谷隼選手と
顔が似ているとして
番組に多く呼ばれるようになり
仕事量も5倍に増えたことを
明かしています。

更には番組で実際に水谷隼選手と
共演までしています。

波田陽区はそんな水谷隼選手を応援して
家族は水谷隼選手の事を
師匠と呼んでいることまで明かしました。

昔は水谷隼が波田陽区に
似ていると言われていましたが
今ではすっかり逆転してしまいました。

■おわりに

波田陽区は現在は福岡に移住をしていますが
目標としては福岡で
レギュラーの帯番組を持ち
お客を笑顔にすることだとしています。

波田陽区のギター侍で
「残念!」と斬っていくネタは

他の一発屋と違って
同じネタは出来ない上に
相手を詳細に調査しないといけないわけで
かなりしんどかったよう。

芸人というのはネタや漫才で一発当てて
注目を浴びているうちに
トーク力や独特のキャラ付けをして
そちらで呼ばれるようにならないと
厳しいイメージ。

逆にキャラ付けが衣装も含めて濃すぎると
そのキャラクターでしか呼ばれなくなり
供給過多になって飽きられるので
さじ加減が難しそう。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA