東尾理子が謝罪。ブログの記事削除で…。学級閉鎖の子供と朝練

東尾理子が謝罪をしました。
理由はブログの記事内容が
ふさわしく無かったためで、
すでに記事は削除済み。

今回は東尾理子のブログ記事削除と
謝罪内容について
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■東尾理子がブログ記事削除し謝罪

東尾理子がブログ記事を削除し
謝罪をしたのは2019年1月23日の事。
「学級閉鎖で朝練」という
タイトルでブログ記事を更新しており、

子供がインフルエンザで学級閉鎖になり
休みとなった子供と共に
トレーニングをしたという内容。

しかし東尾理子は突如として
「朝練→記事削除」というタイトルで
ブログを再び更新。
記事内容がふさわしくないものだったとし
削除をしたことを報告。
そしてそのことについて
謝罪をしています。

■ブログ記事削除・謝罪の反応

東尾理子の記事削除と謝罪については
過剰反応なのでは、などと
比較的東尾理子の対応について
同情的な声が多数。
 

【スポンサーリンク】

 

■2019年のインフルエンザ

2019年1月現在の
インフルエンザは
大流行の兆しをみせており
警報レベルです。

2019年1月13日までの一週間で
インフルエンザの
患者数はおよそ163万人。
前週までは約58万人と3倍近くに。
学級閉鎖は600ほどの施設で
実施されています。

■学級閉鎖について

学級閉鎖とはなんの理由が
あるかと言うと感染症であるために
感染の拡大を防ぐため。

2、3日の潜伏期間があるので
現在は元気でかかっていないと
思っていても実は発症していて
感染を拡大させてしまう恐れがあります。

そのため今回の東尾理子の謝罪は
影響力の強い芸能人のブログですし
仕方ない部分はあるかと。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

インフルエンザで
学級閉鎖だからといって
家族全員が外出しないというのは
現実的ではありません。

とはいえ感染の拡大を抑えるため
不要不急の外出は
控えた方が良いのは確か。

実際の所学級閉鎖が開けた時に
友人がどこどこに
遊びに行ったなどという話は
聞いてもいました。

しかし顔を合わせた範囲でしか
広がらない対面での話と違い
ブログやツイッターなどは
全世界に発信しているわけですしね。

実際に学級閉鎖時の
不要不急の外出は控えるということを
守ってる人はそこまで
多くは無いとは思います。

ですがそのことをネットを通じて
全世界で発信するのは
控えたほうが良いということに。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください