広末涼子の旦那キャンドルジュンは献身的!最初の旦那とのでき婚は意図的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国民的女優で現在は子育てもしている広末涼子
現在の旦那であるキャンドルジュンは
タトゥーなどをいれていて見た目はいかついものの
献身的に広末涼子を支えています。

また、広末涼子は最初の旦那である岡沢高宏と
でき婚をしていますが近年のインタビューでは
実はわざとでき婚をしたと語っています。

今回はそんな広末涼子の最初の旦那である
岡沢高宏との結婚についてと
現在の旦那であるキャンドルジュンとの関係についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■広末涼子と岡沢高宏の結婚

広末涼子と最初の旦那、岡沢高宏が結婚したのは
2003年12月で23歳の時。
実はこの時に広末涼子は
仕事を辞めたくて仕方がなかったという。

今は申し訳ない気持ちもあるものの
子供ができないと結婚なんて出来ない状況であり
あの時点で結婚をしてフェードアウトしていないと
もうその時点で壊れて女優業は続けられなかったと
広末涼子は語っています。

■岡沢高宏との離婚理由

そんな広末涼子が最初の旦那、
岡沢高宏と離婚をしたのは2008年3月。

広末涼子は離婚理由については
具体的には明かしていないものの
岡沢高宏にとっても広末涼子の存在が

良い影響に思えず、相手が自分じゃなかったら
こうはなっていなかったのでは、としています。

広末涼子の芸能人という仕事は
男性にとってプライドを傷つけられることも多く
そして広末涼子自身だけではなく

家族の事も記事になってしまうので
旦那にとってはリスクしかないと考えていたとの事。

そして広末涼子の性格も
男性をダメにしている気がしたために
二度と結婚はしないとその時は思ったという。
 

【スポンサーリンク】

 

■広末涼子と現在の旦那、キャンドルジュンとの結婚

そうして二度と結婚をしないと
決めていた広末涼子ですが
現在の旦那であるキャンドルジュンに出会って結婚へ。

きっかけとしては二つ。
一つは子供に兄弟を作ってあげたかったため。

もう一つのきっかけが一番大きいとのこと。
広末涼子は20代後半の時に人生の中で最悪なことが起きて
何を信じていいかわからなくなり、
凄くしんどかった時期がありました。

その時に現在の旦那であるキャンドルジュンに出会い、
自ら命を絶とうか考えるほど追い詰められていた時に
ただ単純に「止まりなさい」と言われて
その言葉がすっと心に入ったために結婚へ。

■キャンドルジュンは献身的に広末涼子を支えていた

広末涼子は2004年に最初の旦那である
岡沢高宏との子供(長男)を出産し

2011年には現在の旦那キャンドルジュンの子供(次男)を、
2015年には長女を出産して3児の母となっています。

そしてそんな3人の子供について
キャンドルジュンは献身的に支えて
長男の学校行事には積極的に参加し
家でも子供たちの遊び相手になっているという。

また、実はキャンドルジュンは
結婚してからは広末姓を名乗っています。

この理由として、長男は広末涼子の離婚で
既に一度姓を変えているため
長男のことを一番に考えて
もう一度姓を変えるのは忍びないという考えからではとされています。

■おわりに

キャンドルジュンは2011年3月11日の
東日本大震災後に社団法人「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げ
支援活動をライフワークにしていたりと
広末涼子だけではなく様々なことを献身的に支えています。

広末涼子はそんな現在の旦那のキャンドルジュンを
安心感もあり、尊敬もしていて
これ以上の人はいないと全面的に信頼をしているよう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA