市原悦子の病気は自己免疫性脊髄炎。現在はリハビリ専門病院に転院し休養

自己免疫性脊髄炎という病気で
現在入院をしている市原悦子
現在はすでにリハビリ専門の病院に
転院をして休養と
リハビリをしているようです。

今回は市原悦子の病気、
自己免疫性脊髄炎についてと
市原悦子の現在について
みてみましょう。

■自己免疫性脊髄炎について

自己免疫性脊髄炎とは自己免疫、
つまり自分の組織を
身体が異物として認識してしまい
脊髄に炎症が起こる病気。

原因は現在のところ不明。
症状は脊髄のどの部分に
炎症が起こるかによって異なり

上半身にしびれを感じたり
排尿、排便障害や四肢や両下肢の
運動障害などがあるようです。

市原悦子は現在は徐々に歩けるように
なってきたが、しびれのあった
手足のリハビリは
必要と報告をしていますので

自己免疫性脊髄炎により、
少なくとも両下肢の運動障害と
手にしびれはあったようです。

■市原悦子の病気が自己免疫性脊髄炎と発覚した経緯

市原悦子は2016年11月初旬から
体調不良のため入院をしていました。
当初は何の病気だったか不明でしたが
入院して一ヶ月ほどかけて
検査をしたところ

病気は自己免疫性脊髄炎と発覚。
2016年12月下旬に
退院をする予定でしたが
長引いてしまい

2017年1月13日に市原悦子が
自己免疫性脊髄炎という病気で
2016年11月から入院していて
休養していることを明かします。
 

【スポンサーリンク】

 

■市原悦子の現在について

市原悦子は現在も病気で入院中ですが
2017年2月には
リハビリ専門の病院に転院。
徐々に歩けるように
なってきたとのこと。

2017年1月に市原悦子が
病気で入院していることを
発表した際には
2017年5月復帰を
目標に休養していましたが

自己免疫性のために
再発の恐れが高く
5月を目処に退院をしても
すぐに仕事復帰とはいかず、
復帰は暫く先になるとしています。

■おわりに

市原悦子は元気なため
つい年齢を忘れてしまいますが
現在は81歳とかなりの
高齢なんですよね。

リハビリよりも休養を
しっかりとることのほうが
個人的には大事な気もします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください