市原悦子が盲腸発表直後になくなる。夫との間には子供なし

市原悦子が盲腸と発表された直後に
心不全でなくなったことが
明かされて衝撃が走りました。

確かに近年は体調が悪いことは
幾度か報じられていましたが…。

また、市原悦子の夫は
2014年4月になくなっており
子供はおりません。

そして市原悦子は夫の
「子供のいない人生だってある」
という言葉に救われたとも
明かしていました。

今回は市原悦子が盲腸発表直後に
なくなったことと
市原悦子の夫と
子供がいないことについて
みてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■市原悦子が盲腸発表後になくなる

市原悦子は2016年11月から
体調不良で入院。
2017年夏前に退院をするも
体調は完璧とは言えず
2018年3月12日に
NHK「おやすみ日本 眠いいね!」
にて朗読の仕事で復帰。

しかし2018年12月上旬に
盲腸で入院。
2018年12月30日に
退院をしますが
2019年1月5日に大事を取り
再び入院したことを

2019年1月13日未明の
「おやすみ日本 眠いいね!」
にて発表されていました。

しかし実は市原悦子は
2019年1月12日の13:31に
なくなっていたことが
2019年1月13日の夕方頃に発表。

盲腸で入院をしたこと、
そもそも2018年3月に
復帰をしたばかりであったものの
突然の知らせでした。
 

【スポンサーリンク】

 

■市原悦子の夫

市原悦子の夫は
舞台演出家の塩見哲(さとし)。
市原悦子と夫は俳優座養成所の同期。

1961年に結婚をし
市原悦子が主演、夫が
舞台公演を演出など
公私共にパートナーとして
活動をしていました。

市原悦子と夫との間には
2度の流産もあり子供も出来ず。
市原悦子はもともと子供が
沢山生まれる家系。

実際に市原悦子自身も
兄が1人、妹が2人と
4人きょうだいの2番で長女。

そのため子供が生まれず
流産してしまったことに対し
仕事を優先し子供を大事にしなかったから
バチがあたったのと自分を責めるように。

しかしそんな市原悦子に対して夫は
「子供のいない人生だってあるよ」
と言ってくれたこと、
その夫の言葉に救われたことを
市原悦子は語っています。

そんな市原悦子の最愛の夫は
2014年3月に肺がん手術をうけるも
その後肺がんとなり
2014年4月21日に80歳で
なくなったことが
2014年6月24日に報じられています。

■おわりに

個性派の大女優というと2018年に
樹木希林もなくなっています。
市原悦子と樹木希林は
ふたりとも芸歴は長いものの

意外にも共演は2015年公開の
映画「あん」がはじめてのこと。
この時に二人は親友役で出演。
「あん」は樹木希林にとって
最後の主演映画。

2018年9月には樹木希林の
追悼上映が始まってもいました。

樹木希林に続いて
市原悦子もなくなるとは…。
元号も変わりますし
色々と時代の移り変わりを
感じてしまいます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください