市村正親と篠原涼子の子供は2人。病気早期発見も嫁のおかげ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年の差婚をした市村正親と篠原涼子。
現在は子供も2人生まれており
夫婦仲はとっても良好。

市村正親の病気(胃がん)の
早期発見も嫁の篠原涼子のお陰であると
感謝を告げています。

今回はそんな市村正親と
嫁の篠原涼子、子供や
病気の早期発見と
その後についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■市村正親と篠原涼子の馴れ初め

市村正親は1984年に
同僚でもあった劇団四季の
女優である八重沢真美と結婚。

市村正親は1990年に劇団四季を退団し
八重沢真美も1993年に劇団四季を退団。

そして2003年に八重沢真美は
市村正親と離婚をし、
劇団四季に入団したことを発表。

そんな中、市村正親と
篠原涼子が出会ったのは
2001年の舞台「ハムレット」での共演。
そうして市村正親と
篠原涼子は急接近へ。

市村正親と八重沢真美は
まだ離婚してはいなかったものの
夫婦仲は良好でなく、
2002年10月に別居報道。

その理由は八重沢真美が
劇団四季の舞台に復帰するので
そちらを優先するため。

そうして前述のように
2003年5月には市村正親と
八重沢真美は離婚をし、
2005年12月8日に無事結婚へ。

市村正親と篠原涼子の年の差は24と
なかなかに離れており
年の差婚として話題に。

■市村正親と篠原涼子の子供

市村正親と篠原涼子は
2008年5月に1人目の子供が生まれ
2012年2月に2人目の子供が生まれます。

市村正親にとって59歳になって
初めての子供でもあり2人の子供を溺愛。
2013年には「イクメンオブザイヤー2013」
の授賞式に出席しています。

その場で市村正親は
子供たちについて以下のように語っています。

2人の子供に恵まれて、
毎日朝起きてから
子どもたちとの時間が持てる。
子どもたちが幼稚園に行く
つかの間の時間が天国。

仕事場でも子供のことを考えて
「早くお家に帰りたい」と思う。
おかげで今までの4倍くらい
楽しみが増えている。

また、市村正親は2016年4月5日放送の
「ヒルナンデス」に出演をし
ホームセンターで商品を探す企画に参加。

子供用のグッズなど
気になったものがあると即購入。
最終的には合計11品を買うなど
子供にはお金を
惜しまない姿が見られました。
 

【スポンサーリンク】

 


■市村正親の病気(胃がん)早期発見

市村正親は2014年6月下旬に
体調不良のため病院で診察を受けますが
急性胃炎という病気だと診断され入院。

しかし嫁の篠原涼子が
市村正親がとても痛がっている姿に
不安を覚えて他の検査もして欲しいと相談。

その結果市村正親は精密検査を受け
胃に腫瘍が見つかります。

病理検査をした所悪性であると診断され
2014年7月27日には
市村正親は早期の胃がんであることを公表。

このことについて市村正親は
病気からの胃がんの早期発見は
嫁の篠原涼子のおかげだとし、

自宅で療養食を作ってくれる事などに
感謝を告げていました。

■おわりに

市村正親と篠原涼子の
夫婦仲は現在も良好であり
市村正親も子供思いの父親であることが
様々なエピソードによって伺えます。

病気からの胃がん発覚によって
市村正親が2014年5月には
舞台を降板をしてしまいましたが

2016年に今回で卒業を表明している
「ミス・サイゴン」の制作発表会見では
終身名誉ミス・サイゴンになると
これからも舞台で活躍することを宣言。

市村正親は年齢を感じさせない
バイタリティにあふれています。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください