一ノ瀬文香と杉森茜の破局理由は自伝がきっかけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

かつて事実上の同性婚をして
話題となった一ノ瀬文香と杉森茜。

同性婚をしてしばらくしてから
破局となってしまったが
その破局の理由の1つが
自伝の発売がきっかけであるとしています。

今回は一ノ瀬文香と杉森茜の
同性婚までの道のりと
破局理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 


■一ノ瀬文香について

名前:一ノ瀬文香(いちのせ あやか)
生年月日:1980年8月12日
出身:栃木県

一ノ瀬文香は20歳の頃に
バーでバイトをしていて
そこで知り合ったカメラマンに
写真を撮ってもらうなどして

女優業などに興味を持ち
その後スカウトされて芸能界入り。
2009年4月に同性愛者であることを
カミングアウト。

また、両親へは学生時代に
当時の彼女と同棲するときに
既にカミングアウトを済ませ
両親も割りとすんなり
受け入れたという。

■一ノ瀬文香と杉森茜の同性婚

そして一ノ瀬文香と
女優、ダンサーである杉森茜が
2014年12月21日に記者会見を開き

2015年春に同性婚を行うことを
正式に発表しました。

一ノ瀬文香と杉森茜の出会いは
2012年、LGBTなどが
多く通うバーで出会い交際がスタート。

2015年4月19日には
一ノ瀬文香と杉森茜の二人が
ウェディングドレス姿で
結婚式をしました。

結婚をした理由は他の人が
同性婚をしやすいように。
公にすることで議論をするきっかけに
なって欲しいという思いがあるとのこと。

しかし2015年5月8日には
婚姻届を提出するも
女性同士であるという理由で
不受理となります。
 

【スポンサーリンク】

 


■破局理由は自伝も1つのきっかけ

一ノ瀬文香と杉森茜は
2017年5月12日に破局をしていたことを
それぞれSNS等で発表。

一ノ瀬文香は2016年2月に
自伝「ビアン婚~私が女性と
結婚式を挙げるまで~」
を発売しています。

しかし杉森茜は
自伝の内容については
同意をしていたものの、
原稿確認が入稿の前日と
急すぎたため立腹。

2015年末から別居をしており
2017年3月14日にようやく再開し
そこで破局という
結論に至ったとのこと。

破局理由として大きなきっかけは
自伝を巡っての行き違いで
それからは冷戦状態であったとの事ですが

結婚式をした後には
安心感からか喧嘩が
多くなっていたという下地があったよう。

■おわりに

一ノ瀬文香は同性婚についての
自伝を出したりと
LGBTとしての活動も
積極的に行っていますが

杉森茜は隠してはいないものの
積極的には活動をしていない印象。

破局理由についてはそのあたりの
温度差もあったのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA