飯村貴子もいしだ壱成との交際を宣言!結婚は果たして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いしだ壱成の新彼女である飯村貴子
週刊文春によって
半同棲が報じられましたが

いしだ壱成は会見で交際を認め、
飯村貴子もツイッターで
交際を認めています。

いしだ壱成は離婚をし、
2人の元嫁の離婚原因は
自分ルールの押し付けだったと
語っていますが

父親の石田純一と同じく
3度めの結婚はあり得るのでしょうか。

今回はいしだ壱成の彼女の飯村貴子と
結婚についての現時点での
考えについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■飯村貴子について

名前:飯村貴子(いいむら たかこ)
生年月日:1998年10月7日

■受賞歴
EXTENSION voll.2r
レディースコンテスト:グランブリ
ミスアクション
2017フォトコンテスト第1回:銅賞

■主な出演作
映画:「いつか、どこかで」(2009年)
CM:河合塾、聖教新聞(2013年)
舞台:午前5時47分の時計台(2017年)

飯村貴子は2004年、
6歳の頃から芸能界入り。
事務所は2004年から2010年は
株式会社放映新社に所属。

少なくとも2011年から
2014年6月まではエーライツに所属。

現在はエーライツの
所属タレントには
掲載されていないため不明。

2016年7月にも事務所に
所属をしているとツイートしていますが
事務所名は現在の所不明。

2017年10月時点では
飯村貴子に仕事を依頼する際には
事務所に連絡をして欲しいと語っていますが

仕事を依頼したい人物に対し
ツイッターのDMで
マネージャーの電話番号を
飯村貴子自身が
送っていたりもしているよう。

ツイッターのプロフィール欄に
リンクが貼っていないので
個人事務所でホームページは
作っていない可能性も。
 

【スポンサーリンク】

 


■飯村貴子はいしだ壱成との交際を認めていた

2017年11月15日には
翌日発売の週刊文春により
飯村貴子といしだ壱成の半同棲が発覚。

経緯としては2017年5月に
いしだ壱成が主演した
舞台「午前5時47分の時計台」
で飯村貴子と共演。

その際にいしだ壱成が
飯村貴子に一目惚れ。
そうして交際するために
2017年8月に離婚。

現在いしだ壱成は仕事で石川と
東京を行き来する状態で、
東京にいるときは飯村貴子と
ずっと暮らしているためほ半同棲状態。

また、お互いを「いっくん」
「たあたん」と読んでおり、
既に父親の石田純一には紹介済み。

いしだ壱成は週刊文春の記事を受けて
2017年11月15日に都内で会見を開き
飯村貴子との交際を認め
1時間ほどノロケたよう。

また、飯村貴子もツイッターを更新。
いしだ壱成と交際していることを
認めています。

参考:週刊文春2017年11月16日発売号

■飯村貴子といしだ壱成の結婚についての考え

いしだ壱成は自分が元嫁と
二度ほど同じ理由で離婚をしているためか

結婚不適合者だと
自分のとこを思っているようで
3回目の結婚については踏み切れず。

飯村貴子はいしだ壱成が開いた
都内の会見で電話で登場。
その時に結婚は視野に入れており
お互いのタイミングで、と前向き。

■おわりに

いしだ壱成の元嫁との離婚理由は
自分の亭主関白なルールを
元嫁にして欲しいと強要していたため。

しかし飯村貴子に対しては
逆にいしだ壱成が尽くしているようで
それがずっと続くのなら
結婚をしても3度目の離婚はなさそう。
案外早く結婚をする可能性も…?
 

【スポンサーリンク】

 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA